司法書士受験生は初詣に行ってやる気をみなぎらせよう

やる気につながる初詣の参拝方法

おつかれさまです!司法書士の「よしと」(@yoshitoshikaku1)です。
よしと
よしと
忙しくても初詣には行く!

そう思っている人がほとんどではないでしょうか。

この記事では、司法書士の受験生が初詣でする願掛けを単なる神頼み以上のものにする方法について説明します。

神様とあなたの力を合わせて司法書士試験の合格を勝ち取りましょう!

司法書士受験生は初詣に行ってやる気をみなぎらせよう

初詣に行くよりも家で勉強した方が合格が近づくんじゃ?

そう思う人もいるかもしれません。

しかし、初詣に行って合格祈願をしてくることは以下のように案外合理的な面があります。

  • 普段行かないところに行くので気分転換の効果が大きい
  • 合格を意識して勉強のスイッチが入る

毎日同じ場所で勉強を続けるだけではメリハリが無くなり集中しにくくなりますので、初詣は良い気分転換になります。

いつもやっている自分がやりたいことで気分転換をするのに比べ、1年に1度の初詣の方が慣れが少なくて刺激があり短時間で効果的に気分転換ができますよ。

受験生は「司法書士試験に合格する!」とお願いをしますよね。

元旦にいつもいる家で「今年は司法書士試験に合格する!」と念じるよりも、神社などに出向いてお願いをした方が、心を落ち着けて合格への決心を固めることができます。

お参りという形式を踏むことで自分自身を励ます効果があるからこそ、現代まで初詣の文化が受け継がれているとも考えられないでしょうか?

神社に初詣するときの作法

神社にお参りするときの作法は色々なところで目にすることがあると思いますが、一応簡単にまとめておきますので軽く確認しておいてくださいね。

  1. 鳥居の前で一礼してからくぐる
  2. 参拝前に手水舎で手と口を清める
  3. 賽銭の前に一度会釈
  4. 賽銭は腰ぐらいの高さから静かに入れる
  5. (鈴があれば鳴らす)
  6. 二礼二拍手一礼して願い事をする
  7. 鳥居を出るときに神様の方へ振り向き一礼してからくぐる

鳥居や参道の真ん中は神様が通る道なので、人は左右の端を歩きましょう。

なんとなく分かっているくらいだと抜け落ちていた手順もあるのではないでしょうか?

司法書士試験も「なんとなく全体の流れは分かっている」状態で細かいところが抜け落ちていると合格が厳しくなるので気をつけてくださいね。

2番の「手水舎」、6番の「二礼二拍手一礼」と「願い事のやり方」についてはもう少し詳しく説明しておきます。

手水舎での作法

手水舎ではひしゃくを清めるのをお忘れなく

  1. 右手でひしゃくを持ち水をすくう
  2. ひしゃくの水を左手にかけて清める
  3. ひしゃくを左手に持ち替え、水を右手にかけて清める
  4. 再びひしゃくを右手に持ち替える
  5. 左手でひしゃくの水を受けて、その水を口に含み口を軽くすすぐ
  6. ひしゃくの水を左手にかけて清める
  7. ひしゃくを立てて柄に水をかけて清める
  8. ひしゃくを元の位置に戻す

※ひしゃくに直接口をつけてすすぐのはNG

毎年初詣に行くと、7番の「使ったあとのひしゃくを水で清める」ところが抜けている人が結構多い印象です。

二礼二拍手一礼の作法

  1. お辞儀を2回
  2. 肩幅くらいに両手を広げて2回拍手
  3. 願い事をする
  4. 最後にお辞儀をする

お辞儀をするときは、背中を丸めず、頭を下げたところでピタっと止めてから戻すと綺麗です。

拍手は右手を少し下にずらすようにすると良い音を出しやすく、手が痛くなることもありません。

お願いするときは指先は揃えましょう。

お願いの作法

神様にはサポートをお願いする

  1. まず住所名前で自己紹介
  2. 昨年の感謝を述べる
  3. 1つだけお願いをする

いきなりお願いをするのは神様に対してちょっと失礼です。

あなたもよく知らない人に「~~~して!」って突然言われたら「はぁ?」ってなりますよね。

神様も人間も同じ!

まず私はこういう者ですと自己紹介をして、「昨年はありがとうございました」と感謝を述べてから本題に入りましょう。

お願いごとはあれもこれもとせず、1つだけに絞りましょう。

今年の司法書士試験に合格しますように!

普通の司法書士受験生ならそういうお願いになるでしょうが、合格を神様に丸投げするのはあまりおすすめしません。

私は今年の司法書士試験に合格しますので、どうか見守っていてください!

などのように「自分の努力+神様のサポート」という形でお願いした方が神様も「おう、じゃあ頑張れよ!」と応援してくれそうじゃないですか?

実はこれ単に神様がどう思うかの問題ではなく、自分自身を当事者に巻き込んだ方が自分のやる気にも繋がります。

自分と神様との約束にもなりますので「約束を破りたくはない」という意識が働けばもっと頑張って勉強することができるようになりますよ。

司法書士受験生は初詣に行ってやる気をみなぎらせようまとめ

受験生は初詣に行って合格祈願をしましょう。

初詣に行くことには以下のようなメリットがあります。

  • 普段と違うところに行くので気分転換の効果が大きい
  • 合格を意識して勉強のスイッチが入る

参拝の作法を守って神様に気持ちよく願い事を聞いてもらえるように振る舞いましょう。

  • 鳥居のくぐり方
  • 手水舎の使い方
  • 二礼二拍手一礼

この辺りがポイントです。

お願い事をするときは、以下のような点に注意すると効果的です。

  • 自己紹介する
  • 昨年の感謝をする
  • 願い事は1つ
  • 自分の努力+神様の見守りの形でお願いする

せっかく初詣に行くのですから、単なる神頼みにしてしまってはもったいないです。

正月以降の勉強をはかどらせるためにも、あなたのやる気につながる方法で参拝するようにしましょう!

「【司法書士試験】年末年始を無駄にしない勉強方法・勉強場所」

「年末年始をだらだら過ごさない隙間時間を活用する4つの勉強方法」