司法書士予備校の費用比較【費用+ボリューム+コスパ比較】

司法書士予備校の費用・コスパの比較 司法書士試験
スポンサーリンク
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

司法書士の予備校は安い方が良いけど、内容も妥協したくはない。安くても良い予備校を選びたいなぁ。ぶっちゃけコスパが良い予備校ってどこ?

そんな風に思いませんか?

この記事では司法書士予備校の以下の項目を一覧で比較できるようにまとめています。

  • 講座の費用
  • テキスト・入会金の費用
  • 講座ボリューム
  • 講座のコスパ

必要なボリュームの講義だけコスパ良く受けたい人はぜひ比較を見ていってください。

スポンサーリンク

司法書士予備校の費用・ボリューム・コスパの比較一覧

司法書士予備校の費用は割引制度の利用や、期間限定のキャンペーンによって変化します。

そのため、ここでは公平を期すため一律定価で比較をして、講座の費用順に並べています。

単純な講座の定価だけではなく、

  • テキスト・入会金の費用
  • 講座ボリューム
  • 講座のコスパ

も一緒にまとめていますので、コスパで比較することができますよ。

定価は一番安いWeb通信のものを掲載しています。

(Web通信がないところはそれに準ずる講座)

表示は全て税込み10%表示です。

予備校・講座講座費用テキスト・入会金

などの費用

講座

ボリューム

コスパ

(参考値)

備考・特徴
LEC

新全日制本科コース

649,000円入会金10,000円

テキスト33,000円

(過去問も自分で用意)

約799時間866円/時
圧倒的な講義量を誇る専業受験生向けの重量級講座
Wセミナー

1.5年本科生<基礎総合コース>

599,000円入会金10,000円

(過去問は自分で用意)

約587時間1,037円/時
初心者向け講座+中上級者向け講座のボリュームで最長20ヶ月受講できるコース
辰已法律研究所

リアリスティック一発合格松本基礎講座

496,000円(過去問は自分で用意)約418時間1,186円/時
最短5ヶ月合格で有名な松本講師による辰已法律研究所の看板講座
辰已法律研究所

パーフェクトユニット方式一発合格田端基礎講座

477,500円約285時間1,675円/時
インプット講義を60分ごとのユニットに区切り勉強を続けやすくした講座
伊藤塾

本科生春夏コース

476,000円(過去問は自分で用意)約465時間1,023円/時
3名の講師から選べる伊藤塾定番の看板講座
LEC

新15ヶ月合格コース<秋生>

469,700円入会金10,000円

テキスト33,000円

(過去問も自分で用意)

約574時間818円/時
通信クラスは2名の講師から選べるLEC定番の看板講座
Wセミナー

山本オートマチック1.5年本科生

466,000円入会金10,000円

(過去問は自分で用意)

約518時間918円/時
独学の定番「オートマ」著者による初学者にもわかりやすいWセミナー看板講座
クレアール

合格ルート1.5年スタンダード

460,000円約386時間1,191円/時
司法書士通信講座の老舗クレアールの初学者定番講座
東京法経学院

総合コース 

346,500円
(詳細登記六法も教材に含む)

(過去問は自分で用意)

約375時間924円/時
通学講座で高い合格率を出している簗瀬講師による映像ダウンロード式講座
Wセミナー

新竹下合格システムベーシック本科生

325,000円入会金10,000円

(過去問は自分で用意)

約437時間766円/時
短期合格を生み出した講師歴30年以上の竹下講師による新システム講座
資格スクエア

初学者向け合格パック

201,700円約380時間530円/時
IT企業さながらのAIを駆使した演習機能にベテランの指導が組み合わさった講座
アガルート

入門総合カリキュラム

173,800円約355~405時間429~489

円/時間

受験生に一番近い新進気鋭の講師が指導する司法書士入門講座
スタディング

司法書士総合コース

101,200円約175時間578円/時
通信講座老舗のプラットフォームとベテラン講師が指導する隙間時間特化講座

講座ボリュームはインプット、アウトプットの区別なくまとめていますので、講座内容の充実度をそのまま表したものではありません。

そのため、コスパの表示は厳密なものではなく参考値となります。

また、Web通信予備校としては珍しく「月額制」を採用している小泉司法書士予備校もあります。

総講義時間が約354時間、月額3,300円(税別)なので短期集中で勉強するにはコスパが良いでしょう。

スポンサーリンク

司法書士予備校はどう選べば良いか

予備校の費用とコスパについてまとめてきましたが、費用とコスパだけを比較して予備校を選んでも司法書士試験に合格できなければ意味がありません。

司法書士の初学者向け講座は難しく、量も多いので講座を一通り消化できるのはおよそ1割ほどの人しかいないとも言われます。

しっかりと勉強を続けていくためには、相性の良い講師を選ぶことが一番大切です。

気になる講座から無料体験講義を受けてみて、講師との相性を確認しましょう。

  • 説明が分かりやすい!と思えるか
  • 講師の考え方を「なるほど!」と思えるか
  • 講義の進め方が自分に合うか

といったあたりがチェックポイントです。

関連記事:「【決定版】司法書士予備校比較のポイント!間違えない選び方ランキング」

司法書士予備校の費用比較まとめ

司法書士予備校の費用は予備校によってかなり差があります。

講義ボリュームの違いも理由の一つですが、講義以外にも講座の差別化を図っているので気になる講座は公式サイトの講座詳細を確認するようにしましょう。

 

司法書士予備校を選ぶ際に一番大事なのは講師との相性です。

いかにすばらしい講義であっても講師との相性が悪く、講義を100%活かせないのであればお金を無駄にしてしまいます。

司法書士試験に合格する!

という目標を達成するためには、お金と時間を消費します。

なるべくお金と時間を浪費しないために、自分に合う予備校・講座をしっかりと選ぶようにしましょう!

関連記事:「【デメリット対策法】スタディング司法書士講座の評判・口コミ・特徴」

 

失敗しない、安心の司法書士予備校おすすめ5選
詳細チェック
失敗しない、安心の司法書士予備校おすすめ5選
詳細チェック