【資格で独立!】30代40代が働きながら取れる資格は?【勉強法】

30代40代が働きながら独立を目指せる資格司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

世情も不安定だし独立して稼げるようになりたい!

30代、40代から始めても独立してやっていける資格ってなんだろう?

働きながら勉強するならどんな資格が良い?

そんな風に思っていませんか?

 

私自身、30代で資格を取って現在は独立。

資格を取って独立できれば、あなたが望む働き方ができるようになる可能性は高まります。

しかし、30代40代ともなると「若い頃のように勉強で覚えられない」「家族のために働きながら勉強しなければならない」といった事情も。

さらに苦労して資格を取っても独立後に仕事が無かったら意味がありません。

 

そのためこの記事では、30代40代になった人がこれから独立できる資格にどんなものがあるのか、資格の特徴を比較して独立におすすめする資格と、働きながら勉強する方法について説明しています。

 

この記事を読むことで独立できる資格のそれぞれの特徴が分かり、どの資格を目指すのがあなたの将来設計に合うのかを判断することができるようになります。

働きながらの勉強法も分かるので、今から資格の勉強を始めることもできますよ。

 

スポンサーリンク

30代40代の独立には「士業」がおすすめ

資格が無くても起業して独立することは可能ですがハードルは高いです。

しかし、資格を使って独立するのであれば今から見通しを立てることができます。

特に30代や40代の人が独立を目指すのであれば、士業系の資格がおすすめ。

 

なぜなら、士業系の資格は以下の点で独立に有利だからです。

  • 資格=仕事内容になるため、資格を取れば短期間で独立できる
  • 士業なら自宅で独立もできるので、独立費用もほとんどかからない
  • 知識が商品なので「仕入れ」がなく、不況の影響が小さい

自宅で独立すれば費用を抑えられるだけでなく、通勤時間もなくなるというメリットもあります。

 

では、具体的にどの士業資格が30代40代におすすめなのかを説明していきますね。

30代40代が独立できる資格の比較

私が30代40代の将来の独立におすすめするのは司法書士です。

 

法律全般を取り扱う士業として弁護士、司法書士、行政書士などがありますが、その3つを大雑把に比較すると以下のようになります。

弁護士司法書士行政書士
仕事内容オールマイティでほとんど何でもできる。

訴訟の代理人になれる。

不動産や会社の登記。相続放棄や破産申立など裁判所に提出する書類の作成。成年後見人に選任。許認可等の手続き。その他役所への提出書類の作成など。
平均年収1,026万円630万円600万円
予備校の

費用

約14万円

約120万円

約10万円

約50万円

約7万円

約30万円

必要勉強

時間の目安

6,000時間3,000時間600時間
働きながらの

勉強期間

?~3年~1年~
合格率予備試験 約4%約4%約10%
合格者の

平均年齢

28.9歳40.08歳40代が最多

次点で30代

(平均年齢の

データ無し)

登録者数38,980人22,632人48,768人

今から弁護士はかなり厳しい

弁護士になれれば大きく稼げそうですが、勉強の費用と時間も多くかかります。

しかも、仮に何年もかけて司法試験に合格してもさらに約1年間の司法修習を受ける必要もあるため独立できるのは相当先になります。

合格者の平均年齢もかなり若め。

10代や20代前半ならともかく、30代40代の人が今から弁護士を目指すのは厳しいのが現状でしょう。

行政書士は合格しやすいが、独立後の不安が大きい

行政書士は平均年収もそこそこあり、勉強の費用と時間も少なく合格率も高いので一番良いように見えます。

しかし、行政書士の収入はピンきりで3,000万円以上稼いでいる一部の人もいれば、100万円稼ぐこともできない人も多くいます。そうした極端な例から出ている平均値であるため、平均値を安定して稼ぐのは難しい資格です。

日本行政書士会連合会が発行している「月刊 日本行政 2018年10月号」に掲載されている平成30年行政書士実態調査によると、行政書士の年間売上高は以下のようになっています。

年間売上高割合(平成30年)割合(平成25年)
500万円未満78.7%78.0%
1,000万円未満11.3%11.4%
2,000万円未満5.3%5.0%
3,000万円未満1.8%1.9%
4,000万円未満0.8%0.9%
5,000万円未満0.5%0.6%
1億円未満0.8%0.7%
1億円以上0.3%0.3%
未回答0.4%1.2%

実にと行政書士の78.7%「年間売上500万円未満」と回答しています。(年収ではなく売上です…!)

 

行政書士は合格しても行政書士事務所の求人がほとんどなく、いきなり独立して手探りで仕事をしていかなくてはならないことも格差の原因と言えるでしょう。

 

また、他の士業資格よりも

  • 必要な勉強時間が短い
  • 合格率も高い

という特徴から競合相手も多く、これから参入するのは不可能とは言いませんが、大きく稼ぐ難易度はかなり高いです。

そのため、失敗を避けて独立したい30代40代にはおすすめしにくいです。

30代40代が独立するなら司法書士がおすすめ

司法書士は試験難易度が高いですが、試験勉強の内容が一番実務に近く、合格後に業務内容に関する新人研修も受けることができるため短期間で独立しやすい資格です。

 

また、他の資格に比べて競合相手が少なく、不動産を扱う仕事であることから全国どこでも仕事をすることができるのも特徴。

 

また、司法書士全体の受験者数と合格者数は減少傾向にありますが、40代以上の合格者は逆に増加しており、30代40代が目指しやすい資格だという客観的なデータが出ています。

関連記事:「司法書士試験の最高齢合格者データ【勉強法と注意点】」

これらのことから、弁護士、司法書士、行政書士の3つの中で一番「資格を取れば一安心」になりやすいのが司法書士です。

 

合格後はなんとかする!と覚悟を決められるなら行政書士を目指すのも良いですが、合格後に確実に仕事につなげていきたい人は司法書士がおすすめです。

 

3士業資格の比較まとめ

弁護士勉強の費用と時間がかかりすぎる。合格後も1年司法修習。若い合格者が多く30代40代には不向き。
行政書士費用と時間は少なめだが、就職先はなく手探りで独立することに。競争相手も多く、収入はピンきりで78.7%が売上500万円未満と回答。
司法書士(おすすめ)

費用と時間はそこそこかかるが、試験内容が実務に直結していて独立して仕事がしやすい。40代以上の合格者が増加中。

司法書士は行政書士に比べて、仕事をしながら試験勉強をする時にもメリットがあります。

その点を次に説明していきます。

スポンサーリンク

業界で働きながら勉強するなら=司法書士

司法書士試験は、司法書士事務所に補助者として勤めながら勉強して合格を目指す人も多くいます。

一方、行政書士は求人がほとんどないので行政書士事務所に勤めながら合格を目指す人はほとんどいません。

 

司法書士事務所に勤めながら勉強すると、試験勉強だけでなく実務にも触れることができるため、試験合格後にすぐ独立しやすくなります。

一般的に、司法書士という資格は事務所で3年修行してから独立と言われます。

働きながらの勉強期間の目安が3年~なので、実務の修行もしっかり積んだところで試験合格も目指せるので無駄がありません。

 

未経験であっても司法書士事務所に採用されることは可能です。

しかも、他の業種に比べて30代や40代であっても採用されやすい業界であるのも追い風。

 

司法書士事務所専門の転職サイト・転職エージェントもあるのでそれらを利用すると効率良く転職活動ができ、転職先との年収交渉もしてくれます。

 

  • 司法書士事務所で実務に触れながら勉強することもできる
  • 実務を経験していると、試験合格してからすぐ独立しやすい
  • 未経験でも司法書士事務所へは転職しやすい
関連記事:「【未経験者】司法書士の転職エージェントで就職成功させるポイント」

将来独立するためには資格試験に合格しなければなりません。

次は合格するために、働きながらどう勉強すれば良いのかについて説明していきますね。

働きながら司法書士に合格するための勉強法

働きながら司法書士資格を取ろうと思うのであれば、最初だけでも予備校を使うべきです。

 

なぜなら、司法書士試験は試験範囲も広く、内容も難しいので最初に独学で間違った理解をしてしまうと数年単位で合格が遅れてしまう危険性があるから。

 

そのため、全範囲の基礎は予備校でしっかり教えてもらうのがベスト。

独学で5年以上勉強して合格できず、予備校に切り替えて3年で合格した

なんて体験談もありますからね。

 

働きながらであれば、通学時間をカット&隙間時間もスマホで勉強できるWeb通信講座を使うのが効率が良いです。

しかも、Web通信講座の予備校は大手に比べて費用が安く約10万円~20万円(大手の1/5~1/3)ほどで利用することができます。

関連記事:「【決定版】司法書士予備校比較のポイント!間違えない選び方ランキング」

関連記事:「【コスパ最新版】司法書士おすすめ通信講座【9社徹底比較】」

30代40代が働きながら独立を目指す資格と勉強法まとめ

士業系の資格は以下の点で独立に有利です。

  • 資格=仕事内容になるため、資格を取れば独立できる
  • 自宅で独立すれば費用もほとんどかからない
  • 知識が商品なので不況の影響が小さい

士業資格は色々とありますが、30代40代が独立するための資格を探しているのであれば司法書士がおすすめです。

弁護士、司法書士、行政書士の特徴をまとめると以下のとおり。

30代40代のおすすめ独立資格ランキング

司法書士費用と時間はそこそこかかるが、試験内容が実務に直結していて独立して仕事がしやすい。40代以上の合格者が増加中。

未経験30代40代でも事務所の求人があり、実務をしながら勉強しやすい。

実務を経験しておけば、合格後にすぐ独立も可能。

行政書士費用と時間は少なめだが、就職先はなく手探りで独立することに。競争相手も多く、収入はピンきりで78.7%が売上500万円未満と回答。
弁護士勉強の費用と時間がかかりすぎる。合格後も1年司法修習。若い合格者が多く30代40代には不向き。

司法書士事務所の求人を探すには専門の転職サイト・転職エージェントを利用するのが良いです。

なぜなら、年収の交渉をしてくれたり、採用お祝い金をもらうこともできるからです。

 

勉強を始めるときは最初は通信講座を使うのがおすすめ。

独学しようとすると数年以上合格が遅れる原因となります。

 

司法書士は難しい資格試験ですが、地道に勉強を続けていけば合格できる試験です。

合格後は独立もしやすく、就職もしやすいです。

あなたの今後の人生のため、今できることから始めてみませんか?

関連記事:「【コスパ最新版】司法書士おすすめ通信講座【9社徹底比較】」

関連記事:「【未経験者】司法書士の転職エージェントで就職成功させるポイント」

 

2020年11月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2020年11月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!