【司法書士試験】答練は必要か?不要か?必要な人のタイプ

答練が向いてる人と答練の活用方法司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

司法書士試験合格のためには「答練」って必ず受けた方が良い?

答練が向いている人ってどんな人?

答練に関してこのような疑問はありませんか?

 

講義を受ける、テキストを読むといったインプット型勉強だけで司法書士試験に合格する人はまれ。

答練や模試のようなアウトプット型勉強もして合格する人が多いです。

 

しかし、司法書士試験の勉強量はとても多いので、やみくもに答練を申し込んでも消化できず、成績も伸ばせません。

 

そのためこの記事では、

  • 答練はどのくらい重要か
  • 答練の一般的なメリット4つ
  • 答練の真のメリット
  • 答練を受けた方が良いのはどんな人か
  • どのくらい答練を受けるべきか

といった点について説明します。

 

私自身は4年目の受験で司法書士試験に合格しました。初学者向け講座、中上級者向け講座、答練、全て受けてきた経験から解説します。

スポンサーリンク

重要度は「基礎・過去問>模試>答練」

答練は本試験の予想問題として本試験と同じように時間を計って択一式問題と記述式問題を解答する、いわばアウトプット形式の講座。

 

司法書士試験合格のためには、まず基本的な知識を身につけるのが最優先です。

そのため、まだ基本的な学習が終わっていない人が答練を無理に受けても効果があまりありません。

司法書士の勉強を今年始めたばかりというような初学者の方はまず予備校の基礎講座や、独学であればテキスト・過去問をしっかりやり込むことに集中しましょう。

 

答練や模試のようなアウトプット型勉強でしか身につかないこともあるのですが、答練でできることは模試でもできます。

模試の方が本試験の予想問題として精度も高いため、答練よりも模試の方が重要度が高いです。

 

このことから、試験勉強の優先度を種類別にまとめると以下のとおり。

  1. テキストなどの基礎学習と過去問
  2. 模試
  3. 答練

1と2を確実のこなした上で、答練をやった方が高い効果が得られます。

人によっては1と2で合格できることもあるため、答練は必須ではありません。

関連記事:「【9社比較表】司法書士予備校・通信講座おすすめランキング【合格コスパ重視】」

関連記事:「【過去問マスター】司法書士試験の過去問の使い方・おすすめ比較」

司法書士試験の答練を受けた方が良いタイプの人

答練を受けると良いタイプの人は以下のような人たちです。

  • 過去問以上のアウトプットをしたい人
  • 記述式の採点を多く受けて記述式を克服したい人
  • 本番でマークミスを防ぐ訓練をしたい人
  • 試験テクニックの精度を上げたい人

答練には、テキストの内容は一通りマスターしているという人にとっては過去問に+αできるアウトプットとして価値があります。

また、記述式の採点を定期的にお願いできるので記述式が苦手な人にもおすすめできます。

 

答練で練習すべきマークシートの塗り方については以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

関連記事:「司法書士試験の択一式マークシートを1分でも早く塗るコツ・方法」

 

答練の一般的なメリット4つ

どうせ答練を受けるなら答練でしか身につかないことを意識しましょう。

具体的には、試験の時間配分や早く解答するための試験テクニックの実践です。

試験テクニックの実践については「真のメリット」として後述します。

 

答練で一般的に良く言われるメリットは4つあります。

  • 試験の時間配分が身につく
  • 勉強のスケジュール立てができる
  • 本試験の予想問題を多く解ける
  • 全国での自分の順位がわかる

司法書士試験の合格、勉強にどのくらい役に立つのかメリットの詳細を見てみましょう。

試験の時間配分

時間配分は必須スキル

試験の時間配分を身につけることは大いに役立ちます。

なぜなら、司法書士の午後の試験は3時間で択一と記述を終わらせなければならないからです。これは受験したことがある人なら誰でも分かりますよね。

択一1時間30分、記述1時間30分で解こうとすると記述が全然時間が足らなかったとか、試験で失敗するケースを事前に体験して修正していくのが大事です。

関連記事:「司法書士試験の時間配分と、択一を早く解くテクニックまとめ」

勉強のペースメーカー

科目別の出題でステップアップしていく答練もありますが、自分で勉強スケジュールが作れる人であればそれで十分です。

日頃の仕事の忙しさにもムラがありますし、答練に合わせて勉強できない場合もあるでしょうからね。

勉強のペースメーカーとして答練を受けるメリットは薄いです。

関連記事:「【司法書士】独学合格18ヶ月スケジュール+テキスト&過去問おすすめ」

本試験予想問題

答練は必ずしも精度の高い予想問題とは言えません。

なぜなら、より受験者の多い模試で本命の予想問題を出題した方が予備校としての信頼度が高まるからです。

 

答練と模試で同じ問題を出題すれば、答練を受けている人からは不満が出ますし他と被らないように問題は作られるでしょう。

精度の高い予想問題というよりは、手元の過去問とは別の類似問題を解けることにメリットがあります。

司法書士試験の本試験で選択肢の一つとして答練でやった問題が出ることは期待できるでしょう。

関連記事:「司法書士試験の予想問題4種類の効果・おすすめ度まとめ」

順位確認

答練で好成績をとることには何の意味もないです。

答練で全国1位をとっても本試験で不合格だったなんて話はザラですからね。

科目別答練であれば下手をすれば成績が良かったせいでその後の勉強が疎かになってしまい本試験でミスする可能性すらあります。

 

スポンサーリンク

答練の真のメリット=試験テクニックの実践

答練の真のメリットは、試験テクニックを使って早く正確に解答する訓練をして、本番で問題を素早く解く能力を高めることです。

 

ここで言う試験テクニックとは、選択肢の中から自信を持って正誤を判断できるものを見つけ、それを軸に組み合わせを使って他の選択肢の正誤判断をする(解答できたら余計な選択肢は一切読まない

といったちょっと大胆で本番でやるには勇気がいるような解法です。

関連記事:「司法書士試験の時間配分と、択一を早く解くテクニックまとめ」

 

試験テクニックを使うと最初のうちは正答率が下がってしまうでしょうが、最初の選択肢の選び方正誤判断を素早く出すポイントなどが身につき、段々と正答率が変わらなくなってきます。

 

そのため、答練では盛大に失敗を繰り返してテクニックの精度を高めていきましょう!

答練で失敗した方が他の好成績の人が怠けてくれる可能性もありますよ。

 

 

司法書士試験の答練はたくさん受ける必要はない

答練でいっぱい練習したいから、各予備校の答練を片っ端から受けよう!というのはNGです。

答練は1つの予備校で受講すれば十分。

 

なぜなら、各予備校が重要と考える論点、予想問題というのは大きく変わるものではないので、複数の予備校の答練を受けると問題が被ってしまい効率が非常に悪いのです。

 

ただでさえ答練を受けるのにまとまって時間が必要になるので、問題が被るくらいなら答練を受けないで基礎勉強をしていた方がマシ!

じゃあどこの予備校の答練を受けたら良いだろう?

ということであれば、ちゃんとしたところであれば割とどこでも良いので

  • 今、講座を受けている予備校で
  • 以前受けたことがある予備校で

といった基準で決めてしまってもOK。

 

基本的には大手予備校で開催する答練の方が、受験者の人数が多いので自分の相対的な順位が気になる方にはメリットが大きいです。

ここでは大手3社の答練・模試情報をまとめておきます。

終了している答練は採点などの成績処理がされませんが、時間を計って解くことで訓練になります。

「定価」はWeb解説つきのものを掲載しています。

答練の最新情報は各公式サイトでご確認ください。

 

LECの答練
単科回数定価
精撰答練[実力養成編]全6回(1月~3月)70,000円
精撰答練[ファイナル編]全8回(4月~5月)
全国公開模擬試験全2回(5月~6月)17,000円
全国スーパー公開模擬試験全2回(6月)17,000円
パック回数・内訳定価
精撰答練レギュラーパック全18回

  • 精撰答練[実力養成編]6回
  • 精撰答練[ファイナル編]8回
  • 全国公開模擬試験 2回
  • 全国スーパー公開模擬試験 2回
188,000円
精撰答練ファイナルプレミアムパック全12回

  • 精撰答練[ファイナル編]8回
  • 全国公開模擬試験 2回
  • 全国スーパー公開模擬試験 2回
149,000円
精撰答練ファイナルパック全8回

  • 精撰答練[ファイナル編]4回
    • 第5回~第8回分
  • 全国公開模擬試験 2回
  • 全国スーパー公開模擬試験 2回
69,000円
公開模擬試験強化パック全8回

  • 精撰答練[ファイナル編]4回
    • 第1回・第2回・第7回・第8回
  • 全国公開模擬試験 2回
  • 全国スーパー公開模擬試験 2回
69,000円
公開模擬試験パック
全4回

  • 全国公開模擬試験 2回
  • 全国スーパー公開模擬試験 2回
24,000円
LECの答練は各回「択一35問・記述式2問」が出題されます。

LECの答練スケジュールは以下のとおり。

LEC答練スケジュール

LECオンラインのサイトから引用

 

 

Wセミナーの答練
単科内容定価
総合力底上げ答練全6回(11月~12月)78,000円
科目別全潰し答練全12回(1月~3月)119,000円
合格力完成答練全6回(4月~5月)80,000円
全国実力Check模試全1回(4月)5,200円
全国公開模試全3回(5月~6月)26,000円
パック内容・内訳定価
答練本科生全28回

  • 総合力底上げ答練 6回
  • 科目別全潰し答練 12回
  • 合格力完成答練 6回
  • 全国実力Check模試 1回
  • 全国公開模試 3回
271,000円
2月答練パック全16回

  • 科目別全潰し答練 6回
    • 商法・商登法+マイナー科目
  • 合格力完成答練 6回
  • 全国実力Check模試 1回
  • 全国公開模試 3回
173,000円
4月答練パック全10回

  • 合格力完成答練 6回
  • 全国実力Check模試 1回
  • 全国公開模試 3回
106,000円
全国模試フルセット全4回

  • 全国実力Check模試 1回
  • 全国公開模試 3回
29,500円
Wセミナーの答練は各回「択一35問・記述2問」が出題されます。

Wセミナーの答練のスケジュールは以下のとおり。

Wセミナー答練スケジュール

Wセミナーのサイトから引用

 

Wセミナーの答練については以下の記事でも解説をしています。

関連記事:「【司法書士試験】Wセミナーの答練の特徴とおすすめするタイプの人」

 

伊藤塾の答練
単科内容定価
択一実戦力養成答練全12回(1月~3月)

※ 択一のみ

61,800円
記述式答案構成力養成答練全12回(1月~3月)

※ 記述のみ

61,800円
ここが出る!択一出題予想演習全10回(4月~5月)

※ 択一のみ

55,800円
うかる!記述式全4回(4月~5月)

※ 記述のみ

24,800円
プレ模試全1回(3月)2,000円
全国公開模擬試験全2回(5月~6月)5,000円
パック内容・内訳定価
演習直前パック
全40回

  • 択一実戦力養成答練 12回
  • 記述式答案構成力養成答練 12回
  • ここが出る!択一出題予想演習 10回
  • うかる!記述式 4回
  • 全国公開模擬試験 2回
203,600円
演習直前フルパック全85回

  • 択一クイックマスター総整理講座 45回)
  • 択一実戦力養成答練 12回
  • 記述式答案構成力養成答練 12回
  • ここが出る!択一出題予想演習 10回
  • うかる!記述式 4回
  • 全国公開模擬試験 2回
268,400円
演習コース全24回

  • 択一実戦力養成答練 12回
  • 記述式答案構成力養成答練 12回
118,000円
  • 択一実戦力養成答練は各回20~25問
  • 記述式答案構成力養成答練は各回1問
  • ここが出る!択一出題予想演習は一問一答形式の演習
  • うかる!記述式は演習回3回につき各1問

となっています。

伊藤塾のスケジュールは以下のとおり。

伊藤塾のスケジュール伊藤塾のサイトから引用

 

 

 

司法書士試験の答練は必要か?不要か?のまとめ

答練を受けると良いタイプの人は以下のような人たちです。

  • 過去問以上のアウトプットをしたい人
  • 記述式の採点を多く受けて記述式を克服したい人
  • 本番でマークミスを防ぐ訓練をしたい人
  • 試験テクニックの精度を上げたい人

答練を受けるメリットは複数ありますが、時間配分と早く解く試験テクニックを身につけられるのが一番のメリットです。

試験テクニックは答練のうちに何度も失敗して司法書士試験本番では精度の高いテクニックを使えるようになりましょう。

 

答練を検討している人は、まず基本講座や過去問が終わっているか確認してください。

それらが終わっていないのに答練に手を広げてもあまり効果がありません。

 

答練を複数の予備校で受けても問題が重複するので、自分が慣れ親しんだ予備校で受ければ十分です。

司法書士試験に役立つのは知識ばかりではありません。答練を上手に活用してライバルに差をつけられるようにしましょう!

関連記事:「【2021年向け】司法書士試験おすすめ模試スケジュール・活用法まとめ」

関連記事:「オートマ過去問だけで司法書士に合格可能?特徴・評判と使い方」

関連記事:「【無料】司法書士の「過去問+解説」アプリで分野別に対策!」

関連記事:「【9社比較表】司法書士予備校・通信講座おすすめランキング【合格コスパ重視】」

 

司法書士の予備校9社の比較表まとめ

予備校9社を7項目で比較して表にまとめました。

・予備校の選び方
・あなたの状況に合わせたおすすめ
・予備校や講師の特徴
についても解説!

スポンサーリンク
司法書士試験
資格ワン
2021年7月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2021年7月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!