【司法書士試験】答練は必要か?不要か?必要な人のタイプ

答練が向いてる人と答練の活用方法司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

司法書士の勉強はやることが多くて大変だけど、答練もちゃんと受けないといけないかなぁ?全然基本の勉強が進んでないけど答練受けなきゃダメ?

本試験で合格点まであとちょっとまで行ったんだけど、答練って受けたら効果あるかな?

勉強の進度はそれぞれですが、答練に関してこのような疑問はありませんか?

この記事では、各予備校が行っている答案練習会こと答練について説明します。司法書士試験で答練を受けた方が良い人、答練の活用方法についても説明します。

私自身は4年目の受験で司法書士試験に合格しました。初学者向け講座、中上級者向け講座、答練、全て受けてきた経験から解説します。

スポンサーリンク

司法書士試験の答練は必要か?不要か?

答練を受けると良いタイプの人は以下のような人たちです。

  • 過去問以上のアウトプットをしたい人
  • 記述式の採点を多く受けて記述式を克服したい人
  • 本番でマークミスを防ぐ訓練をしたい人
  • 試験テクニックの精度を上げたい人

答練は本試験の予想問題として本試験と同じように時間を計ってマークシート方式で解答する、いわばアウトプット形式の講座です。

そのため、まだ基本的な学習が終わっていない人が無理に受けても効果があまりありません。司法書士の勉強を今年始めたばかりというような初学者の方はまず予備校の基礎講座や、独学であればテキスト・過去問をしっかりやり込むことに集中しましょう。

しかし、テキストの内容は一通りマスターしているという人にとっては過去問に+αできるアウトプットとして価値があります。また、記述式の採点を定期的にお願いできるので記述式が苦手な人にもおすすめできます。

答練で練習すべきマークシートの塗り方については「司法書士試験の択一式マークシートを1分でも早く塗るコツ・方法」の記事にまとめていますので参考にしてください。

答練の良く言われるメリット4つ

どうせ答練を受けるなら答練でしか身につかないことを意識しましょう。

具体的には、試験の時間配分や早く解答するための試験テクニックの実践です。

特に試験テクニックは回数をこなして、本番で頭真っ白になっていても自然と体が動くところまで身につけると効果的です。

答練で良く言われるメリットは4つあります。

  • 試験の時間配分が身につく
  • 勉強のスケジュール立てができる
  • 本試験の予想問題を多く解ける
  • 全国での自分の順位がわかる

司法書士試験の合格、勉強にどのくらい役に立つのかメリットの詳細を見てみましょう。

試験の時間配分

時間配分は必須スキル

試験の時間配分を身につけることは大いに役立ちます。

なぜなら、司法書士の午後の試験は3時間で択一と記述を終わらせなければならないからです。これは受験したことがある人なら誰でも分かりますよね。

択一1時間30分、記述1時間30分で解こうとすると記述が全然時間が足らなかったとか、試験で失敗するケースを事前に体験して修正していくのが大事です。

司法書士試験の勉強スケジュール

科目別の出題でステップアップしていく答練もありますが、自分で勉強のスケジュールが作れる人であればそれで十分です。

日頃の仕事の忙しさにもムラがありますし、答練に合わせて勉強できない場合もあるでしょうからね。勉強スケジュールのために答練を受けるメリットは薄いです。

本試験予想問題

答練は必ずしも精度の高い予想問題とは言えません。なぜなら、より受験者の多い模試で本命の予想問題を出題した方が予備校としての信頼度が高まるからです。

答練と模試で同じ問題を出題すれば、答練を受けている人からは不満が出ますし他と被らないように問題は作られるでしょう。

精度の高い予想問題というよりは、手元の過去問とは別の類似問題を解けることにメリットがあります。司法書士試験の本試験で選択肢の一つとして答練でやった問題が出ることは期待できるでしょう。

順位確認

答練で好成績をとることには何の意味もないです。答練で全国1位をとっても本試験で不合格だったなんて話はザラですからね。

科目別答練であれば下手をすれば成績が良かったせいでその後の勉強が疎かになってしまい本試験でミスする可能性すらあります。

 

スポンサーリンク

答練の真のメリット:試験テクニックの実践として答練が必要

答練は確実に良い成績を目指すのではなく、試験テクニックを使って早く正確に解答する訓練をしましょう。

ここで言う試験テクニックとは、選択肢の中から自信を持って正誤を判断できるものを見つけ、それを軸に組み合わせを使って他の選択肢の正誤判断をする(解答できたら余計な選択肢は一切読まない

といったちょっと大胆で本番でやるには勇気がいるような解法です。

最初のうちは正答率が下がってしまうでしょうが、最初の選択肢の選び方正誤判断を素早く出すポイントなどが身につき、普通に解くのと正答率がほとんど変わらないくらいになっていきます。

答練では盛大に失敗を繰り返してテクニックの精度を高めていきましょう!答練で失敗した方が他の好成績の人が怠けてくれる可能性もありますしね。司法書士試験は相対評価ですから試験テクニックを身につけてどんどん差をつけていきましょう。

司法書士試験で必要な順は「基礎学習・過去問>模試>答練」

答練のメリットについて説明しましたが、試験テクニックを身につけるよりもまずは基本的な知識を身につけるのが最優先です。当たり前ですが。

答練でできることは模試でもできます。実施回数は少なくなりますが。それに模試の方が本試験の予想問題として精度も高いでしょう。

ですから、優先度の順番は以下のとおりです。

  1. テキストなどの基礎学習と過去問
  2. 模試
  3. 答練

1と2を確実のこなした上で、答練をやった方が高い効果が得られます。

司法書士試験の答練はたくさん受ける必要はない

じゃあ答練でいっぱい練習したいから、各予備校の答練を片っ端から受けよう!というのはNGですよ。1つの予備校で受講すれば十分です。

なぜなら、各予備校が重要と考える論点、予想問題というのは大きく変わるものではないので、複数の予備校の答練を受けると問題が被ってしまい効率が非常に悪いのです。

ただでさえ答練を受けるのにまとまって時間が必要になるので、問題が被るくらいなら答練を受けないで自分の勉強をしていた方がマシ!って感じです。

じゃあどこの答練を受けたら良いだろう?

ということであれば、ちゃんとしたところであれば割とどこでも良いので現在基本講座を受けているところであったり、以前に受けたことがあるなどの理由で決めてしまってもOKです。

基本的には大手予備校で開催する答練の方が、受験者の人数が多いので自分の相対的な順位が気になる方にはメリットが大きいです。

答練を選ぶのに迷う方は、「【司法書士試験】Wセミナーの答練の特徴とおすすめするタイプの人」の記事で私のおすすめの答練についてまとめているので参考にしてみてください。

受験者数が多い大手予備校のサイトを以下に挙げておきますので、こちらから選ぶと良いでしょう。オンラインからも答練の申し込みが可能ですよ。

LEC東京リーガルマインド:精撰答練ファイナル記述強化パック

LEC東京リーガルマインド:精撰答練レギュラーパック

LEC東京リーガルマインド:精撰答練レギュラー記述強化パック

Wセミナー:答練本科生
Wセミナー:答練コース

司法書士試験の答練は必要か?不要か?のまとめ

答練を受けると良いタイプの人は以下のような人たちです。

  • 過去問以上のアウトプットをしたい人
  • 記述式の採点を多く受けて記述式を克服したい人
  • 本番でマークミスを防ぐ訓練をしたい人
  • 試験テクニックの精度を上げたい人

答練を受けるメリットは複数ありますが、時間配分と早く解く試験テクニックを身につけられるのが一番のメリットです。試験テクニックは答練のうちに何度も失敗して司法書士試験本番では精度の高いテクニックを使えるようになりましょう。

答練を検討している人は、まず基本講座や過去問が終わっているか確認してください。それらが終わっていないのに答練に手を広げてもあまり効果がありません。

答練を複数の予備校で受けても問題が重複するので、自分が慣れ親しんだ予備校で受ければ十分です。

司法書士試験に役立つのは知識ばかりではありません。答練を上手に活用してライバルに差をつけられるようにしましょう!

関連記事:「【2020年合格】司法書士試験の模試スケジュール情報まとめ」

関連記事:「オートマ過去問だけで司法書士に合格可能?特徴・評判と使い方」

関連記事:「【無料】司法書士の「過去問+解説」アプリで分野別に対策!」

関連記事:「【未経験者】司法書士の転職エージェントで就職成功させるポイント」

 

2020年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2020年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!