2020年司法書士試験の試験日はいつ?2つの根拠からの予測

司法書士試験の延期後の試験日はいつ?司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

延期後の司法書士試験はいつになるんだろう?

試験日が決まらないとなかなか勉強に集中できない…

2020年の司法書士試験の試験日がいつになるか目安が知りたい!

そんな風に思っていませんか?

 

司法書士試験は直前期に頑張って勉強するほど点数を稼ぎやすいですから、試験日までのペース配分が掴めないまま勉強していると、超直前期に疲れて十分な勉強ができず点数に響いてしまう危険があります。

 

そのためこの記事では、あなたが試験までペースを考えて勉強できるよう「延期後の司法書士試験筆記試験日の候補日予想」と予想する根拠を説明していきます。

 

この記事を読むことで、今どう勉強していくべきかが分からずなんとなく勉強をしている状態から、筆記試験日というゴールの目星をつけて勉強をしていくことができるようになります。

 

スポンサーリンク

司法書士試験の試験日は10月初旬か

2020年度(令和2年度)の司法書士試験は7月5日(日)から延期されることが発表済みですが、6月30日現在、延期後の試験日は発表されていません。

 

しかし、法務省は2020年の司法書士試験を10月4日(日)に実施することを軸に動いているのではないかと考えられます。

 

ただし、会場を用意する都合によっては1~2週間前後することも十分考えられます。

この記事を書いた翌日の7月1日に2020年度(令和2年度)の司法書士試験の筆記試験日は9月27日(日)と正式に発表されました!

試験日が10月初旬ではないかと考えた根拠

2020年度の司法書士試験が10月4日(日)ではないかと考えられる理由は以下のとおり。

・司法試験と認定考査が約3ヶ月延期して実施される

・試験の採点や合格後の都合

この2つの根拠について解説していきます。

 

予備試験と認定考査の延期後日程

法務省が実施する2020年度の「司法試験予備試験」と「関西訴訟代理等能力認定考査」も延期になっています。

 

2つの試験の延期後の日程は以下のとおり。

予備試験と認定考査の延期前後の試験日

延期前延期後
予備試験短答式5月17日(日)短答式8月16日(日)
認定考査6月7日(日)8月30日(日)

このように、どちらの試験も約3ヶ月延期されています。

 

このため、司法書士試験も単純に3ヶ月延期で日程と会場を検討しているのではないかと考えられます。

採点や合格発表後の都合

法務省は試験の実施だけでなく、試験の採点や合格証書授与や研修の日程についても考慮しなければなりません。

 

予備試験や認定考査との間隔を狭めてしまうと採点などの「裏で行っている作業」が時期的に重複してしまい遅れてしまう可能性があります。

そのため、延期前と同じ間隔で試験関連業務が進められるよう司法書士試験も3ヶ月延期を軸に調整していると考えられます。

試験日の発表は7月中か

司法書士試験の延期後の試験日が発表されるのは7月中ではないかと考えられます。

 

司法書士試験と認定考査の試験延期の発表は以下の時期にされています。

司法書士試験と認定考査の試験延期発表

試験延期発表日
認定考査5月12日
司法書士試験5月18日

延期前の試験日は1ヶ月ほどの間隔がありますが、延期発表は1週間足らずの間にされています。

 

そして、2020年度の認定考査の延期後の試験日は6月29日に発表されました。

そのため、司法書士試験も早ければ7月上旬に延期後の試験日が発表される可能性があります。

 

しかし、認定考査に比べて司法書士試験の受験者数が多いため、司法書士試験の方が会場を決めるのが難しいと考えられます。

そのため、延期前試験日の間隔と同様に1ヶ月後くらいに発表されることも考えられます。

その場合でも7月下旬ですので、司法書士試験の延期後の試験日は7月中に発表されるでしょう。

7月1日に延期後の試験日は9月27日(日)と発表がされました!

2020年司法書士試験の試験日はいつ?まとめ

2020年の司法書士試験の延期後の試験日は9月27日(日)となりました。

 

当初私は10月4日(日)ではないかと予想していましたが、その根拠は

・司法試験と認定考査が約3ヶ月延期して実施される

・試験の採点や合格後の都合

の2点です。

 

6月29日に認定考査の延期後の試験日が発表されたことから、司法書士試験も早ければ7月上旬、遅くても7月中には延期後の試験日が発表されるのではないかと考えられます。

 

 

司法書士試験が9月27日に実施されるとなると、7月上旬は延期前の4月上旬にあたりますので、まさに直前期が始まった時期になります。

受験生は今から直前期が始まるものとしてしっかり勉強をしていくようにしましょう!

関連記事:「司法書士になるには勉強時間は1日どのくらい必要か【合格者の体験談】」

司法書士になるには勉強時間は1日どのくらい必要か【合格者の体験談】

関連記事:「【司法書士試験】直前期の成果を上げる勉強法まとめ【ケース別】」

関連記事:「【2020年】司法書士試験の直前期対策講座まとめ【対策内容別】」

関連記事:「【無料】司法書士の「過去問+解説」アプリで分野別に対策!」

カフェより長時間勉強できる&安い”穴場スポット”
詳細をチェック!
カフェより長時間勉強できる&安い”穴場スポット”
詳細をチェック!