【5分でチェック】司法書士試験当日の検温体制と新型コロナウイルス感染症対策

司法書士試験当日の検温体制と感染対策司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

司法書士試験当日の新型コロナウイルス感染症対策はどうなっているんだろう?

検温はどうやって行われる?混雑してクラスターが発生しない?

平熱が高めだから、発熱していると判断されないか不安…

会場のトイレは混雑して危なくない?

受験生ができる対策は何?

そんな風に思っていませんか?

 

新型コロナウイルス感染症への対応のため、司法書士試験当日は検温が実施されることが発表されています。

検温の結果によっては、新型コロナウイルスへの感染が疑わしいとされて試験を受けられなくなる可能性もあります。

 

そのためこの記事では、現在までの情報で予測される司法書士試験当日の検温体制などの新型コロナウイルス感染症対策について説明していきます。

 

この記事を読むことで、司法書士試験当日の流れの予測、今から準備できることが分かりますよ。

 

スポンサーリンク

司法書士試験の対応は司法試験に準じている

司法書士試験の試験日延期の対応は、ここまで司法試験・予備試験に準じた対応となっています。

そのため、司法書士試験当日の検温体制などの対応も司法試験・予備試験と同じ対応が想定されていると考えられます。

(2020年8月6日追記)

8月6日に法務省の司法書士試験のコロナウイルスへの対応が更新されました。予想通り、司法試験・予備試験と同様の対応となっています。

司法試験・予備試験については資格予備校「伊藤塾」が感染防止対策について法務省に確認したQ&Aがあります。

伊藤塾:新型コロナウイルス感染症等の感染防止対策について

 

こちらは一問一答形式になっていますので、要点がパッと見で分かるようこの記事で司法書士試験に読み替えて情報を整理し、受験生のできる対策についてまとめていきます。

 

試験日程が再度変更になる可能性もある

司法書士試験は9月27日(日)に実施予定となっています。

今後の感染拡大や緊急事態宣言などの事情を考慮して法務省は「試験日程の変更も可能性の一つ」としています。

 

しかし、一方で「いまのところ実施予定」としていますので国による緊急事態宣言が出た場合に日程変更もあるかもしれないと考えられます。

 

7月31日に沖縄では県独自の「緊急事態宣言」が出されましたが、現在司法試験の日程変更は発表されていません。

そのため、あくまで国の「緊急事態宣言」が一つの基準となっているでしょう。

司法書士試験当日の検温の流れ(予定)

Q&Aから司法書士試験当日の検温の流れは以下のようになると考えられます。

司法書士試験当日の検温の流れ

  1. 会場入口でサーモグラフィなどで検温(検温方法は会場による)
  2. 体温が高い人には話を聞く
  3. 罹患の疑いがある人は個別に再度体温測定をする
他の試験で検温の行列ができてしまったことは法務省でも把握しており、行列にならないように検討しているとのこと。

会場入口ではサーモグラフィ「など」での検温とされており、実際の検温体制は会場によって異なるとされています。

疑いがある人に対しては、より精密な体温測定をして判断をするようです。

 

体温測定の「発熱」の基準

体温測定で「発熱」と判断する基準は数字で一律化されません。

 

「発熱」しているかの判断は

  • 平熱
  • その日の気温

なども考慮。

そのために、検温の流れに「話を聞く」という行程が入っています。

 

体調不良者への対応

体調不良者への対応をまとめると以下のとおり。

体調不良者への対応

症状受験の可否備考
罹患している人治癒するまで受験不可
  • 受験の可否は各会場の責任者の判断
  • 受験しなかった場合の追試験・受験料返還などは予定なし
  • 罹患が疑われる人の別室受験の予定については「お答えしかねます。」
罹患が疑われる人受験を控えて欲しい。

受験を認めないことがある。

 

当日罹患が疑われる人に対しての別室受験については、「検討している」でも「予定していない」でもなく「お答えしかねます」。

実際に別室受験の準備をしているかどうかは不明ですが、「検討している」と回答してしまうと体調の悪い人が当日来てしまう懸念があるため明確に回答できなかったのではないかと考えられます。

 

試験の持ち物はマスク必須、それ以上の持ち物も可

新型コロナウイルス感染症対策のため、以下のように持ち物が案内されています。

司法書士試験の感染症対策持ち物

使用法可否持ち物
着用必須マスク
フェイスシールド

透明で顔全体の表情等が試験監督員等から確認できるものに限る)

手袋

透明で音がでないものに限る)

机上消毒液
アルコール除菌シート
ウェットティッシュ
不可ジョギングマスク、バンダナ、スカーフ、タオル等

(マスクの代用としての使用不可)

フェイスシールドと手袋は透明なものしか使えません。

 

机上における消毒液、アルコール除菌シート、ウェットティッシュは「大きさや個数によっては使用を認めない場合もある」とされているので、ポケットサイズのものを使うことが想定されていると考えられます。

 

試験会場内の感染防止対応は検討中が多い

その他試験会場での感染防止対応をまとめると以下のとおり。

試験会場での感染防止対応

  • 試験監督員はマスク、フェイスシールド義務付け、手洗い消毒を徹底
  • 他の受験者と距離が十分確保できる席配置
  • 試験終了後の密を避けるため、試験室ごとに退室時間を調整
  • 試験場に手指消毒用アルコール液設置
  • 換気のため試験中でのドア等を開放することがある
  • 受験生から見て罹患が疑わしい人が近い場合の席移動の可否は、責任者判断
  • 試験中に息苦しいときも「基本的にマスクをできるだけつけていていただきたい」
  • 休憩や昼食時も試験場内での私語は慎んで欲しい
  • トイレの混雑への対応も検討中

 

司法書士試験当日の検温体制と新型コロナウイルス感染症対策まとめ

司法書士試験の検温体制などの感染症対策は司法試験に準じると考えられます。

 

現状「罹患が疑わしい」などの判断は各会場の責任者の判断に委ねられている部分が大きいです。

 

今の時点で受験生ができる対策は以下の2点。

受験生ができる対策

  • 試験までの体調管理
  • マスクと併用できる対策グッズの用意

 

司法試験での対応をフィードバックして司法書士試験の対応が少し変化する可能性はあります。

しかし、予定通りに試験を実施するのであれば大きく対応が変わることはないでしょう。

 

受験予定の方は勉強だけでなく健康面の対策も怠らないようにしてください。

厚生労働省:新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました

 

関連記事:2020年度司法書士試験の日程まとめ

関連記事:【過去問マスター者向け】姫野講師の未出問特化問題集が公開販売

関連記事:延期対応の直前期対策講座情報まとめ【2020年】

2020年11月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2020年11月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!