「司法書士を目指すのはやめとけ」という人の本音

「司法書士を目指すのはやめとけ」は気にしなくてOK

おつかれさまです!司法書士の「よしと」(@yoshitoshikaku1)です。
よしと
よしと
司法書士を目指すのはやめとけと言う人がいる。司法書士になりたいと思ったけど合格率は低いし無謀なのかな?やった方が良いのかやめた方が良いのかどうしよう?

そんなふうに思っていませんか?

この記事では、あなたが司法書士を目指すのかどうかを決めるためのヒント「司法書士を目指すのはやめとけ」という人の本音について説明していきます。

「司法書士になりたい!」と思っているあなたが「司法書士を目指すのはやめとけ」という周りの意見を気にする必要がないことが分かりますよ。

受験生時代に「司法書士を目指すのはやめとけ」と言われても「で?」という感じで勉強を続けて4回目の司法書士試験で合格した私が解説していきます。

司法書士を目指すかどうかは「あなたがやりたいこと」で決まる

「司法書士を目指すのはやめとけ」という周りの意見はあなたが司法書士を目指すかどうかの指針にはなりません。

あなたにとって司法書士になることが幸せにつながるのなら司法書士の勉強を始める、または続けるべきです。

私は地方公務員をやめて司法書士になりました。

地方公務員の方が安定しているし、司法書士を目指すのはやめとけ

そう言われてきましたが司法書士となった今、後悔はしていません。

世間一般では公務員の方が恵まれている憧れの職業なのかもしれませんが、私にとっては司法書士の方がなりたい職業でした。

あなたにとって何が良いのか、あなたの幸せはあなたが決めることです。

もし、他にもっと楽にあなたが幸せになれる方法があるなら司法書士を目指すのはやめておくのも手です。

でも、あなたにとって司法書士を目指すことが必要あれば目指した方が良いでしょう。

司法書士試験は合格率は低いですが受験資格も無く、数年かけて勉強をきちんと積み重ねることができれば、合格という結果の再現性はかなり高い試験だと思います。

「数年しっかり勉強を積み重ねる」ことが非常に大変で難しいので、司法書士になりたいんだ!という強い動機があれば勉強を続けて合格を目指せるでしょう。

周りの「司法書士を目指すのはやめとけ」と言う人がどうしてそんなことを言うのか、その人たちの本音が分かると気にしなくて良いことが分かりますよ。

「司法書士を目指すのはやめとけ」という人の本音

あなたの周りの人や、ネット上では実にさまざまな人が「司法書士を目指すのはやめとけ」ということを言うでしょう。

そのようなことを言う人の「本音」を知っておけばあなたが惑わされることはありません。

勉強をしていない人

司法書士の勉強もしたこともないのに「司法書士を目指すのはやめとけ」という人の本音は以下のようなものです。

本音 気にしない理由
そんな難しい試験にあなたが合格できるわけがない

合格率4%なんて天才しか合格しない、普通のあなたが合格できるわけがないという勘違い
今の仕事、あるいは他にもっと良い仕事があるじゃない 現状維持、もっと楽な方に流れる人間の本能を優先した意見

人間には変化のために大きなエネルギーを使いたくないという本能、より楽に生きたいという本能があります。

あなたはその本能があっても司法書士を目指したいと思ったわけですから、本能に逆戻りして目指すかどうかを悩む必要はありません。

その部分はあなたの中で既にゴーサインが出ているからです。

司法書士試験を諦めた人

昔司法書士試験を受けたが合格できずに諦め「司法書士を目指すのはやめとけ」という人の本音は以下のようなものです。

本音 気にしない理由
私が合格できなかったのに、あなたが合格できるわけがない 司法書士試験は正しい努力を継続できれば(時間はかかっても)合格できるから

「私ができなかったから、あなたもできないはずだ」という考え方の人は結構多いです。

「自分の方が能力が高い」とあなたに対してマウントを取りたいという潜在意識があるのかもしれません。

なので、もちろんそんな意見をあなたが気にする必要はありません。

仮に能力の上下があったとしても司法書士試験の合否を分ける決定打は能力や才能ではないですからね。

諦めた人は以下のような失敗をしていると考えられます。

  • 合格までの勉強期間を楽観視しすぎて現実味が薄かった
  • 正しい勉強法をせず、自分解釈の方法で勉強をしていた
  • 司法書士を目指す動機が弱く、途中で勉強が嫌になった

あなたは同じ失敗をしないために、なぜ司法書士になりたいのか、司法書士でなければダメなのかを忘れないようにしてください。

関連記事:「【司法書士】勉強期間は何年かかる?【ケース別勉強期間】」

関連記事:「【司法書士】独学?予備校?向いてるタイプとメリットデメリット」

試験合格して司法書士にならなかった人

司法書士試験に合格はしたものの司法書士にはならず「司法書士を目指すのはやめとけ」という人の本音は以下のようなものです。

本音 気にしない理由
合格したけど司法書士はそんなに私がやりたい仕事じゃなかった。だからあなたもやめとけ。 あなたにとって司法書士がやりたい仕事じゃないかは分からない。目指す理由があるならやりたい仕事の可能性が高い。

合格しながら資格を活かさず司法書士にならない人は、難関資格ゲッターになっていた可能性があります。

そもそも司法書士になりたい理由が希薄なまま合格してしまえば司法書士の仕事は面白くも楽しくもないでしょう。

あなたはなんとなくではなく、司法書士になりたいという気持ちがあるでしょうか?

司法書士になりたい気持ちがあるのであれば勉強する価値、試験に合格する価値はあるはずです。

(元)司法書士

司法書士の人、あるいは元司法書士の人が「司法書士を目指すのはやめとけ」という本音は以下のようなものです。

本音 気にしない理由
司法書士受験生が減り続けた方が今後自分が仕事をしやすい。 当然思い通りになってあげる必要はありません。
自分が司法書士として仕事、収入、人間関係などが辛いから、あなたも目指さない方が良い。 仕事のやり方の問題なので資格の問題ではありません。あなたが合格後にどうすれば良いかの問題なので、司法書士を目指さない理由にはなりません。

司法書士の業務範囲は幅広いので全てを完璧にこなしている人は少数派。

一部の(元)司法書士が「司法書士は良くない」と言っていてもほとんどの司法書士は黙々と仕事を続けています。

否定的な意見ほど声が大きいので目にする、耳に入る機会が多いですがそれらはごく一部。

ほぼ資格以外の部分での問題なのであなたが気にすることではないですね。

「司法書士を目指すのはやめとけ」という人の本音まとめ

「司法書士を目指すのはやめとけ」という意見はおおまかに

  • 試験の合格が難しいからやめとけ
  • 司法書士になっても良いことがないからやめとけ

という2種類があります。

そのどちらもあなたが司法書士を目指すのをやめる理由にはなりません。

司法書士試験は難しい試験ですが、司法書士になりたいという強い動機をもって数年着実に勉強を積み重ねれば合格することができる試験です。

合格するために重要なのは能力や才能よりも「継続的な勉強」です。

司法書士の仕事に不満を持って「やめとけ」という人も一部にいますが、ほとんどの司法書士は地道に仕事を続けています。

大事なのは合格後にあなたが司法書士としてどうやって仕事をするかです。

もしもあなたがなんとなく司法書士の勉強をしようと思っている、あるいはしているのであれば「やめとけ」という意見に従う方が良いこともあるでしょう。

しかし、「司法書士になりたい」という気持ちから勉強したい、あるいはしているのであれば勉強を続けていくことをおすすめしますよ。

私はやりたかったけど周りに言われてやめてしまった

というのは後悔の定番です。

後悔なく生きるために、今できることを地道にやっていきましょう!

関連記事:「司法書士予備校のおすすめ5選【初学者向け】」

関連記事:「司法書士予備校おすすめ通信講座まとめ【社会人の合格戦略】」

関連記事:「【2020年】司法書士試験の直前期対策講座まとめ【対策内容別】」

また、本当に司法書士になるべきなのかは実際の仕事を体験してみないと分からない部分もあります。

私の場合は、実際に事務所で仕事をしてみたら今まで考えたことが無かったのに独立してみたくなって今に至ります。

このように客観的な情報だけでは分からないこともありますので、実際に司法書士事務所で仕事をして判断するのも良いでしょう。

関連記事:「司法書士と補助者の転職&求人情報を探す7つの方法【未経験でも】」