【無料】司法書士の「過去問+解説」アプリで分野別に対策!

無料の司法書士試験過去問アプリ! 司法書士試験
スポンサーリンク
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

司法書士の過去問を解いて勉強したい。過去問題集を買うと結構するし、できれば無料で過去問が解ける方法はない?問題を解くだけじゃなくて解説も付いていると嬉しいな

そんな風に思いませんか?

この記事では、司法書士試験の過去問(解説付き)を無料で解けるスマホアプリについて以下の内容を解説します。

  • 司法書士過去問+解説アプリ(無料)の機能
  • 過去問アプリを使用してみた感想
  • 過去問アプリを使う手順

 

私は4回目の司法書士試験で合格しましたが、当時は本の過去問題集をひたすら何回も解いていました。

そんな私が実際にスマホアプリを使ってみた感想もお伝えします。

スポンサーリンク

司法書士の過去問+解説アプリは無料で最適な出題をしてくれる

私がおすすめするのは、最新の司法書士過去問演習アプリ「司法書士試験問題集」です。

こちらは2019年10月にリリースされた、最新の過去問アプリです。

もちろんiosとAndroidの両方に対応!

司法書士過去問+解説アプリ「司法書士試験問題集」

司法書士「過去問+解説」アプリの機能
科目別・分野別過去問1つのアプリで科目別・分野別に過去問を解ける!初学者もすぐに使える。
4段階回答
  • 「もちろんマル」
  • 「たぶんマル」
  • 「もちろんバツ」
  • 「たぶんバツ」

の4段階で回答するので、まぐれ当たりした問題も後で復習がしやすい。

理解度を学習4段階回答とその正誤を元にして、アプリがあなたの理解度をAI学習してくれる。
最適な問題を選んで出題あなたの理解度に応じて、アプリがあなたに必要な問題を選んで出題してくれるので、今日はどの問題を解こう?と考えなくても解くだけで実力がつく。

同じ「正解した過去問」であっても

  • 自信を持って正解した過去問
  • あやふやだけど正解した過去問

があれば、後で復習すべき頻度も違います。

ましてや「自信があったのに間違えた問題」とかそのままにしておいたらとても危険な過去問もありますよね。

 

普通の過去問アプリでは「正解」か「不正解」が記録されるだけなので、復習する問題やもう一度解く問題は記録を元にあなたが探し出さないといけません。

 

しかし、このアプリは問題の正誤のほかにあなたの回答の自信度も組み合わせて、あなたの理解度もAI学習してくれるので、アプリがあなたに最適な問題を選んで出題してくれるようになります。

 

あなたが何度も復習して理解を定着させなければいけない問題、あなたが間違って覚えていた問題などを優先的に出題して弱点克服を助けてくれる、なんともいたれりつくせりなアプリです。

この理解度を学習して最適な出題をする機能は、東京大学の池谷裕二教授の監修で開発されています。

池谷教授は脳科学研究者。脳科学の理論に基づきあなたの理解度を学習するという本格的なアプリです。

司法書士試験は過去問を100%理解し、正解できるようになることが必須です。

そのため、私も合格するまでに何度も紙の過去問題集を解きました。

しかし、この過去問アプリであればスマホなので、移動中や昼休み、夜寝る前などの少しの隙間時間にも過去問を手軽に解くことができます。

こうした隙間時間の勉強を積み重ねれば合格までの期間を短縮することにもつながります。

 

紙の過去問集や他の過去問アプリを一度解いて、2周目を解こうとすると

  • 完全に理解している問題をまた解いてしまう(時間の無駄)
  • 得意も苦手も同じ回数解くことになる(苦手がなかなか身につかない)

といったことになります。

この問題は前も間違えたから、また少ししたら解いた方が良いな

この問題はちゃんとできているから、次回からは飛ばして他のことに勉強時間を使おう

こういった判断を問題を解く度にしていくのは大変で時間の無駄です。

しかし、この過去問アプリなら自動で正誤の管理も理解度の学習もしてくれるので、あなたは出題される過去問を解くことに集中することができますよ。

 

実はアプリの提供元「資格スクエア」は司法試験・予備試験で先に同じようなアプリを提供しています。

司法試験・予備試験で成功したノウハウをそのまま司法書士試験の過去問アプリにも導入しているのでこれだけ機能が充実しているんです。

改正民法対応済み

2020年4月から民法が改正されていますが、アプリも改正民法に対応済み。

そのため、安心して過去問を解いていけます。

 

続いて、過去問アプリを私が実際に使ってみた感想、使ってみた人の評判・口コミについてのまとめです。

過去問アプリを使用してみた感想・評判

司法書士が使ってみた→広告もなくて使いやすい

私が実際にアプリをインストールして問題演習をしてみると画面に広告が表示されることもないのでスムーズに問題を解くことができると感じました。

問題を1問解く毎に解説も読むことができるので、どこがポイントかすぐに確認できるのは良かったですね。

 

アプリを使用するのにメールアドレスを登録するので、司法書士の情報や試験の勉強方法などのメルマガが送られてきます。

受験生であれば役立つ内容なので、勉強の合間の息抜きがてらに読んでみるのも良いでしょう。

メールが多いときでも最大で1日に1通だけです。

宣伝メールがどかどか来るなんてことはないのでご安心を。

 

メールが邪魔であればメール配信設定を変更することもできるのでデメリットはほぼ無し。

メール配信設定の変更方法については後述します。

みんなの評判→スキマ時間にすぐできるのが良い!

アプリを使っている人の評判には以下のようなものがあります。

無料でありながら、思い立ったときに気軽に使えるところがなかなか良いという評判が目立ちます。

 

それでは、実際に過去問アプリを無料で使うまでの手順をまとめていきますね。

過去問アプリを使う手順

過去問アプリを使うまでの手順は以下の通り。

  1. 資格スクエアに無料会員登録をする
  2. 資格スクエアでアプリをダウンロードする
  3. アプリを起動して資格スクエアの会員情報を入力

1.無料会員登録をする

まず、以下の無料会員登録ページにアクセスします。

\AIが自動で過去問を選んでくれる最新過去問アプリ!/

※登録後のメール受信設定は変更可能です。

そこで、「名前」「メールアドレス」「パスワード」「生年月日」「興味のある資格」を入力します。

「興味のある資格」は司法書士をチェックすればOK。

「メールアドレス」と「パスワード」はこのあとすぐ使いますので忘れないように注意!

資格スクエア無料会員登録

「上記の内容で送信する」ボタンをクリックすれば登録完了です。

 

2.アプリをダウンロードする

無料会員登録が済んだらアプリをダウンロードします。

以下のページからダウンロードできますよ。

資格スクエア:「司法書士試験問題集」アプリダウンロード

普通のスマホアプリのようにダウンロードしてインストールすればOKです。

3.アプリを起動して資格スクエアの会員情報を入力

アプリをインストールしたらタップして起動します。

さきほど資格スクエアに登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力すれば、解説付きの司法書士過去問アプリが無料で使い放題になりますよ。

 

簡単な登録だけですぐに無料で使えるので、一度過去問アプリを試してみるのがおすすめ

これでちょっとした隙間時間でも、スマホ一つで過去問が解けますよ。

会員登録&アプリ使用後のメールマガジン配信

資格スクエアに無料会員登録をすることで無料のメルマガが送られてくるようになりますが、メルマガ配信設定は資格スクエアのマイページから行うことができます。

マイページは以下のログインページから入れます。

資格スクエア:ログインページ 

マイページの「会員情報確認」をクリックし、

会員情報確認

画像はPC版ですが、スマホでもログインしてすぐ「会員情報確認」があります。

会員情報画面の修正ボタンのすぐ側に「メールマガジン設定」のボタンがあるので、そこからメルマガの配信設定をすることができます。

PC版メルマガ設定PC版

設定画面

スマホ版メルマガ設定スマホ版

設定画面

無料会員登録したあとのメールマガジンが気になる方も、メール配信設定を変更することができるので安心して使うことができる良心的な司法書士過去問アプリです。

司法書士の無料「過去問+解説」アプリまとめ

司法書士の過去問は無料アプリで解くことができます。

移動中や隙間時間に過去問を解くには書籍の過去問題集よりもアプリの方が良いでしょう。

資格スクエアの過去問アプリはiosとAndroidに対応しています。

 

無料会員登録すれば誰でもすぐに使うことができます。

\AIが自動で過去問を選んでくれる最新過去問アプリ!/

※登録後のメール受信設定は変更可能です。

会員登録が済んだ方は下記のページからアプリをダウンロードして過去問を解くことができますよ。

資格スクエア:「司法書士試験問題集」アプリダウンロード

会員登録後のメルマガはマイページにログインすることで配信設定を変更することができます。

資格スクエア:ログインページ

 

過去問を無料アプリで解いて、時間もお金も節約して試験合格を手にしましょう!

関連記事:「【保存版】独学で司法書士になるには。方法まとめ」