【司法書士】ユーキャン・スタディング・資格スクエアの3社比較

司法書士講座ユーキャン・スタディング・資格スクエアの比較司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

安い司法書士通信講座はどれが良いんだろう?

そんな疑問はありませんか?

この記事では、比較的安価な司法書士の通信講座である「ユーキャン」「スタディング」「資格スクエア」の3社を比較しています。

価格の比較のほか、通信講座の内容でも比較していますのでより良い通信講座を選ぶ基準としてくださいね。

スポンサーリンク

【司法書士】ユーキャン・スタディング・資格スクエアの価格比較

2020年1月現在の司法書士通信講座「ユーキャン」「スタディング」「資格スクエア」の3社の価格と学習スタイルについて比較したのが以下の一覧です。

ユーキャンスタディング資格スクエア
講座名司法書士講座司法書士総合コース[2021年度試験対応]【2021年向け】司法書士初学者向け合格フルパック
定価169,000円(税込)92,000円(税別)201,700円(税込)
分割払い
学習期間15ヶ月2021年10月31日まで2021年7月31日まで
学習

スタイル

製本テキスト

Webテキスト

ビデオ講座

(製本テキストは別売19,800円(税別))

Webテキスト

ビデオ講座

(製本テキストは別売り66,000円(税込))

教材の

種類

  • 製本テキスト
  • 添削課題
  • 択一問題Webテスト
  • 過去問題集
  • 書式問題集
  • 書式集
  • Webテキスト
  • ビデオ講座
  • 音声講座
  • 要点暗記ツール
  • 記述式雛形暗記ツール
  • スマート問題集
  • セレクト過去問
  • 記述添削指導
  • Webテキスト
  • ビデオ講座
  • 音声講座
  • AI過去問演習機能
  • AI未来問
  • オンラインテキストメモ
  • マイ単語帳
質問

メール質問

(講義内容の質問対応はなし)

オンライン質問
合格特典全額キャッシュバックお祝い金10,000円10万円返金保証

安いだけで司法書士試験に合格できなければ意味がありませんので、講座の内容についても簡単に比較しています。

 

スポンサーリンク

【司法書士】ユーキャン・スタディング・資格スクエアの講座内容比較

司法書士通信講座「ユーキャン」「スタディング」「資格スクエア」の3社の講座内容ボリュームについて比較したのが以下の表です。

講座詳細担当講師
ユーキャン
  • 製本テキスト10冊
  • 添削課題(11回)
  • 過去問題集1冊
  • 書式問題集1冊
  • 書式集1冊

スタディング
  • 基本講座(340回150時間
  • 要点暗記ツール(340回)
  • スマート問題集(2,800問以上)
  • セレクト過去問(1,000問以上)
  • 記述式対策講座(62回25時間
  • 記述問題・解説(62問)
  • 記述添削指導(6問)

山田巨樹 講師

  • 大手予備校Wセミナー元講師
  • 講師歴17年以上
資格スクエア
  • 基礎講座(360時間
  • 記述講座(15時間
  • 記述問題講座(5時間
  • AI過去問演習機能(10年分)
  • AI未来問(本試験予想問題)

三枝りょう 講師

  • 大手予備校LEC元講師
  • 講師歴17年以上
関連記事:「【デメリット対策法】スタディング司法書士講座の評判・口コミ・特徴」

関連記事:「【ぶっちゃけ】資格スクエア司法書士講座はどう?評判と合格者の分析」

一言で3社の特徴をまとめるなら

  • 質問対応なしの代わりにツール類が充実、ビデオ講座が受けられる最安の「スタディング」
  • 製本テキスト付きでいつから始めても15ヶ月の「ユーキャン」
  • 他2社より初期費用が高い分、ビデオ講座が充実&サポート体制がしっかりの「資格スクエア」

といったところでしょうか。

 

「スタディング」「資格スクエア」の担当講師はどちらも大手予備校で講師をしており、実際に複数の合格者を出してきた経験豊かなベテラン講師です。

講義時間は「資格スクエア(合計380時間)」が「スタディング(合計175時間)」の倍以上なので、講義ボリュームを重視する人は「資格スクエア」が良いですね。

なるべく安く司法書士の勉強を始めたいのであれば「スタディング」が圧倒的に安くおすすめです。

「ユーキャン」のメリットは製本テキストがあることですが、「ユーキャン」のテキストを作成している講師の情報がなく、評判もあまり聞かないのが難点。

また「スタディング」で製本テキストを別途購入した場合でも「ユーキャン」より4万円以上安いので、あえて「ユーキャン」を選ぶメリットはあまりなさそうです。

3社の価格比較(製本テキスト込みの場合)

ユーキャンスタディング資格スクエア
169,000円(税込)111,800円(税別)267,700円(税込)

また、「スタディング」と「資格スクエア」は以下のような割引制度があるため、割引を使えばさらにお得に受講可能です。

スタディングスキルアップ割引

(6,000円引き)

対象:過去スタディングの別講座を受講していた人

※2020年版単体のみ。[2020+2021]対象外

資格スクエア他資格割(20%割引)対象:宅建、行政書士、社労士等の他資格合格者
乗換割(20%割引)対象:他の司法書士講座を受講していた人
再受講割(30%割引)対象:以前資格スクエアで学習していた人

 

【司法書士】ユーキャン・スタディング・資格スクエアの3社比較まとめ

「ユーキャン」「スタディング」「資格スクエア」の3社はいずれも大手予備校と比べるとかなり安い司法書士通信講座です。

3社の価格比較
ユーキャンスタディング資格スクエア
製本テキストなし92,000円(税別)201,700円(税込)
製本テキストあり169,000円(税込)111,800円(税別)267,700円(税込)

Webテキストだけで十分と感じられれば製本テキストを買う必要はなし。

製本テキストは後から購入することも可能ですよ。

司法書士合格のためにはビデオ講座がついている「スタディング」と「資格スクエア」の方がおすすめです。

講義の時間やシステムの使い勝手が異なるので、まずは無料で会員登録をして無料体験をしましょう!

スタディング:無料会員登録&無料体験講義

資格スクエア:無料会員登録&無料体験講義

 

自分に合った学習方法を選んで司法書士試験に合格しましょう!

関連記事:「【デメリット対策法】スタディング司法書士講座の評判・口コミ・特徴」

関連記事:「【ぶっちゃけ】資格スクエア司法書士講座はどう?評判と合格者の分析」

 

2020年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2020年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!