【他予備校と比較】アガルート司法書士講座の口コミ・評判・講座内容

アガルート司法書士講座と他講座との比較司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

アガルートの司法書士講座ってどんな人におすすめ?

他の予備校と比べてどう?

コスパは?

アガルートで全額返金って可能?

ぶっちゃけアガルートのデメリットは?

合格者ってどのくらいいる?

口コミや評判はどう?

そんな風に思っていないですか?

 

私は4年間予備校を使いながら勉強し、30代後半で司法書士試験に合格することができました。合格するまでに毎年違う講座を使ったので4種類の講座を実体験しています。

 

司法書士試験は難しい試験ですから、合わない予備校で勉強していると成績が伸びず、司法書士試験に合格することができません。

それどころか、勉強のやる気を維持できず試験から脱落してしまう可能性すらあります。あなたに合っているのか、予備校の特徴を見極めて選ぶことは重要。

 

そのためこの記事では、あなたがアガルートアカデミー(以下アガルート)で司法書士の勉強をするべきかどうか判断するために、

  • アガルートが「おすすめな人」「おすすめできない人」
  • アガルート司法書士講座の特徴
  • アガルートと他予備校の講義時間・費用の比較
  • 全額返金が可能なのはどんな人か
  • デメリットと対処法
  • メリット
  • 合格率・評判・口コミ
  • 格安のライバル「スタディング」との詳細比較

といったことをまとめています。

 

この記事を読むことで、司法書士試験合格者からみたアガルートの特色が分かり、あなたの今後の勉強スタイルにアガルートが合っているのかどうかを精査することができます。

事前にデメリットを把握しておけば実際に勉強を始めてから

こんなはずじゃなかった…

となることも防げますよ。

 

司法書士試験に合格するためにはコツコツと勉強を継続していくことがとても大事。

あなたが勉強を続けるやる気を維持するためにも、勉強スタイル・費用・講師・講座内容があなたに合っている予備校を選びましょう。

アガルート司法書士講座が【コスパ最高】な人

ボリュームとコスパどっちも妥協したくない人におすすめ

まず最初に結論から。

アガルートの司法書士講座に向いている、おすすめな人は以下のような人です。

アガルート司法書士講座が【コスパ最高】な人

おすすめな人理由
安くても講義が多い、コスパの良い講座で勉強したい初学者司法書士通信講座の中ではかなり安いが講義量は大手に匹敵、コスパ(講義1時間あたりの費用)が一番良い。
まとまった勉強時間の確保が難しい人1講義30分前後と短いので、細切れの時間を使って勉強を進めやすい。
行政書士試験合格者司法書士予備校には珍しく、行政書士・社会保険労務士両方に合格してから司法書士試験に合格した経験者(竹田講師)もいる
社会保険労務士試験合格者
法学部出身者法律の知識がある人、試験経験者なら1年合格して全額返金も狙える可能性がある
以前司法書士試験の勉強をしていた人
記述式が苦手な中上級者初学者向け講座も中上級者向け講座も記述式に強く、合格時には全額返金もある

初学者向けのガイダンス動画でアガルートの浅野講師も言っていますが、司法書士試験の講座選びには「講師との相性」が重要です。

そのため、上記のおすすめな人に当てはまらない場合でもガイダンスや無料講義を受けて好感触なら十分おすすめ。

 

逆に、ガイダンスや無料講義を受けてみて講師と相性が良くないと感じたなら、上記のおすすめな人に当てはまっていても他の予備校・講座を探したほうが良いです。

続いて、「相性」以外の部分でアガルートをおすすめできない人についても解説していきます。

アガルートは止めておいた方が良い人

相性以外の理由で、アガルートの司法書士講座で勉強するのは止めておいた方が良い人は以下のとおり。

アガルート司法書士講座は止めておいた方が良い人

止めておいた方が良い人理由

一発合格で全額返金してもらうのが目標の初学者

(毎日8時間以上勉強できる人は除く)

どんな予備校を使っても一発合格は超少数派なのであまり現実的ではない
外出時のスマホ中心で勉強をしようと考えている人他の通信講座と比べるとスマホだけで勉強しづらい。アガルートは製本テキストを広げながら勉強するスタイルの方が向いている。

司法書士試験で一発合格を目指すなら毎日8時間以上の勉強はほぼ必須。

毎日8時間勉強ができないのであれば、アガルートに限らずどの予備校を使っても司法書士試験一発合格は難しいでしょう。

 

また、スマホ中心で勉強をしたいのであれば、正直なところアガルートよりもスタディングのほうが向いています。

アガルートとスタディングの講座内容の違いは「格安司法書士講座のライバル「スタディング」と徹底比較」で、

アガルートとスタディング、他の予備校の費用がどのくらい違うのかは「アガルートの講座費用」で後述します。

それではここからはアガルート司法書士講座の中身について説明していきます。

アガルートの特徴かんたんまとめ

まずアガルートの司法書士講座の特徴を簡単にまとめると以下のとおり。

アガルート司法書士講座の特徴かんたんまとめ

  • 司法書士講座としては格安の講座
  • 紙媒体のフルカラーテキスト込みの価格
  • 追加料金ナシで音声ダウンロードできる(視聴期限なし)
  • 近年の試験を実際に受けて合格している講師が担当
  • 大手に比べ講義1コマが短時間
  • 格安予備校の中では記述式が一番充実
  • 質問は無制限にできる(Facebook使用)
  • 月1回の定期カウンセリングフォローあり
  • 必要な分だけ「個別指導」(別料金)もある

これらの特徴の詳細についてはこの記事の中でその都度解説していきます。

 

アガルートの初学者向け司法書士講座の概要は以下のとおり。

アガルートの初学者向け司法書士講座の概要

講座名入門総合カリキュラム
定価173,800円(税込)
学習スタイルビデオ講義(製本テキスト付き)
講座内容
  • 入門総合講義(300~350時間程度
  • 記述式の「解き方」講座(10時間程度)
  • 記述過去問の「歩き方」講座(5時間程度)
  • 記述過去問解析講座(40時間程度)

合計355~405時間

アガルート入門総合カリキュラム

    • フルカラー製本テキスト
    • 短答過去問集 7冊
    • 記述ひな形集 2冊
    • 定期カウンセリング(月1回)
担当講師

浅野勇貴講師

  • 平成27年司法書士試験合格
  • 群馬司法書士会 理事
  • リーガルサポート群馬支部 幹事
特典制度

合格者全額返金

合格お祝い金(3万円)

アガルートの初学者向け講座は、安さの割に講義ボリュームが多いため、

「講座の定価」÷「講義時間」

講義1時間あたりの価格を計算するとおよそ489~429円となります。

これは他の大手予備校(750~1250円)、他の格安通信講座(565~800円と比べても一番安いため、アガルート司法書士講座はコスパが良いのです。

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

続いて、アガルートの講座費用の詳細と他の予備校との価格差を見ていきます。

アガルートの講座費用

費用は大手の1/3、講義時間は大手並み

アガルートの初学者向け講座には、上記で挙げた「入門総合カリキュラム」のほかに、「入門総合講義」という講座もあります。

2つの講座の内容と価格の比較をすると以下のとおり。

入門総合講義入門総合カリキュラム
おすすめはこちら
140,800円(税込)173,800円(税込)
  • 入門総合講義(300~350時間程度)
  • 入門総合講義(300~350時間程度)
  • 記述式試験の「解き方」講座(10時間程度)
  • 記述過去問の「歩き方」講座(5時間程度)
  • 記述過去問解析講座(40時間程度)

「入門総合講義」は択一式のみ。

「入門総合カリキュラム」は択一式+記述式となっています。

 

司法書士試験は択一式だけ点数が取れても、記述式で基準点が取れなければ不合格。そのため、初学者には記述式の勉強も必須です。

初学者は記述式もしっかり勉強できる「入門総合カリキュラム」を選びましょう。

「入門総合講義」は択一式のみなので、2年目以降に択一式を基本から対策したい人が利用するにはアリ。

 

アガルートと他の大手予備校・通信講座の費用と講義時間を比較するとおおよそ以下のようになります。

アガルートと他の予備校等の費用
予備校価格(定価)講義時間

大手

予備校

LEC50万前後500時間前後
TAC/Wセミナー50万前後500時間前後
伊藤塾50万前後500時間前後

格安

通信講座

資格スクエア33万前後400時間前後

アガルート
入門総合カリキュラム

173,800円(税込)355~405時間
スタディング10万前後約175時間

アガルートの初学者向け講座は、

  • 大手予備校より講義時間はちょっと少ないが、定価はおよそ1/3
  • 最安のスタディングより講義時間は2倍以上、定価は2倍未満(良コスパ)

という感じです。

スタディングもかなりコスパが良い講座ではありますが、アガルートの方が少しだけコスパが良い計算になります。

このため、

なるべく安く、講義も十分にあるコスパ重視の講座が良い!

という人にはアガルートの司法書士講座のほうがおすすめ。

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

(中上級者向け)の講座費用

アガルートには中上級者向け講座もあり、こちらもコスパが良いです。

アガルートの中上級者向け講座の定価と内容は以下のとおり。

演習総合講義演習総合カリキュラム
129,800円(税込)217,800円(税込)
  • 演習総合講義(約200時間)

 

  • 過去問集
  • 演習総合講義(約200時間)
  • 記述解答力完成講座(約70時間)
  • 実力確認答練(全8回)
  • 模擬試験(全2回)

 

  • 過去問集

初学者向け講座と同じように、択一式のみの「演習総合講義」と、択一式+記述式+答練・模試の「演習総合カリキュラム」の2種類となっています。

アガルートの中上級者向け講座「演習総合カリキュラム」は、他の予備校に比べて記述式の講座の時間が多めであることが特徴。

択一式の対策もしながら、特に記述式の勉強に力を入れたい人は選択肢の1つに入れても良いかと思います。

演習総合カリキュラムに含まれる「記述解答力完成講座」は85,800円(税込)で単科受講することも可能。

割引制度も色々あり

司法書士講座としては元々安いアガルートですが、さらに10~20%の割引制度もあります。

アガルートの割引制度には以下のようなものがあります。

司法書士試験受験生割引10%割引
過去に司法書士試験を受験したことがある人
他資格試験合格者割引

10%割引

(アガルート講座での合格者は20%)

  • 宅地建物取引士試験
  • 行政書士試験
  • 社会保険労務士試験
  • 土地家屋調査士試験
  • マンション管理士試験
  • 管理業務主任者試験

の合格者

(アガルートの上記試験講座を受講した合格者は20%)

他校乗換割引10%割引
他の予備校・通信講座の有料講座で司法書士試験の勉強をしていた人
家族割引10%割引
家族がアガルートの有料講座を受講している人
ステップアップ割引10%割引
(昨年)「入門総合講義か入門総合カリキュラム」を受講していて、「演習総合講義か演習総合カリキュラム」に申し込む人
再受講割引20%割引
(昨年)「演習総合講義か演習総合カリキュラム」を受講していて、「演習総合講義か演習総合カリキュラム」に申し込む人

完全な初学者の人以外は、「司法書士試験受験生割引」「他資格試験合格者割引」「他校乗換割引」のどれかが使えるケースが多いでしょう。

 

割引を受けるためには所定の手続きが必要となるため、必ずアガルートの公式サイトで最新情報を確認してください。

アガルート:司法書士試験 各種割引制度

 

アガルートの費用面については以上。

ここからはアガルート司法書士講座の内容詳細について解説していきます。

アガルート司法書士講座の【デメリット】

他資格の実績はあるが司法書士はこれから

アガルート司法書士講座を検討するのであれば、あなたがデメリットを許容できるのか事前に確認しておくのが大事。

アガルート司法書士講座のデメリットには以下のようなものがあります。

アガルート司法書士講座の【デメリット】

  • Webテキストに書き込みができない
  • iPhone・iPadでの操作性がいまいち
  • まだ合格者が少ない

それぞれのデメリットの詳細や、解決方法などについて説明していきます。

書き込めないWebテキスト

アガルートはパソコンやスマホでWebテキストを見ることもできますが、Webテキストに書き込むことはできません。

「要点がコンパクト&フルカラーのテキスト」でも後述しますが、アガルートはオリジナルテキストの作成にかなり力を入れている予備校であり、その製本テキストを横に開きながら講義を聴くのが基本スタイルだからです。

テキストが別売りになっている予備校もありますが、アガルートは図表の豊富な製本テキストが標準でついてきます。

そのため、外出時にスマホで勉強する時には新しい講義を視聴するのではなく、家で受講し終わっている講義を復習として視聴するのが良いでしょう。

新しい講義は家で製本テキストを開きながら受講した方が、勉強に集中でき理解も進みます。

 

Webテキストには書き込めないというデメリットがあるため、アガルートは外出時のスマホメインで司法書士試験の勉強をしようと思っている人にはおすすめしません。

外出時のスマホメインで勉強しようと思っている人には、

  • スマホ学習に最適化された講義・ツール
  • 専用アプリで動画を事前ダウンロードでき、通信量も節約

といった特徴のあるスタディングの方がおすすめです。

スタディング司法書士講座の評判・口コミ・詳細はコチラ

iOSでの操作性がいまいち

アガルートの司法書士講座はパソコンのほか、スマホやタブレットでも視聴することができます。

しかし、iPhoneやiPadで倍速再生をする場合にはひと手間必要になる可能性があります。

以下は公式サイトの講座視聴環境から引用。

アガルートiOSでの倍速再生について

iOSでは倍速再生をするためにフルスクリーン解除が必要です。

 

「書き込めないWebテキスト」でも前述したように、スマホ学習は復習向き。

そのため、iOSを使っている人は

  • フルスクリーンを解除して動画を倍速再生する
  • 音声ダウンロード機能を使って音声で復習する

のどちらかの方法がベター。

初めて講義を受けるときは倍速再生する余裕がなく、等倍再生で視聴することが多いため勉強効率という観点からするとあまり大きなデメリットにはなりません。

まだ合格者が少ない

アガルートの法書士試験講座は平成29年(2017年)からのスタートであるため、まだ司法書士試験の合格者が少ないです。

公式サイトにも「合格体験談」の項目がないことから、公表できるほど合格体験談が集まっていないと考えられます。

 

初学者向け講座を担当する浅野勇貴講師は平成27年合格で、他予備校講師と比べると講師歴は浅いです。

講座も講師も歴史が浅いんじゃあまり良くないんじゃない?

という心配をする人もいるでしょう。

しかし、実は平成27年合格という点は利点です。
なぜなら、司法書士試験は平成18年から大幅改正された会社法が試験科目になったから。

大手以外のベテラン講師の中には「会社法の講義はほぼ条文・テキストを読み上げるだけだった」と評される講師も結構います。

浅野講師はばっちり会社法で試験に合格していますので、会社法の講義はもちろん商業登記法(記述式含む)の指導も万全。

過去の私のように会社法でつまづいて点数が伸び悩むという危険も少なくなるでしょう。

 

アガルート司法書士講座の歴史は浅いですが、

  • 司法試験講座
  • 行政書士試験講座

などでは順調に合格者を出しています。

令和2年度司法試験合格者のうち、アガルートの利用者は44.8%

アガルート受講生の令和2年度行政書士試験の合格率は67.2%

となっています。

各講座の「合格者の声」は以下から見ることができます。

アガルート:司法試験・予備試験 合格者の声

アガルート:行政書士試験 合格者の声

私が各予備校の行政書士講座に点数をつけたランキングでもアガルートは上位に入っています。

行政書士の予備校・通信講座のおすすめランキングはコチラ

また、浅野講師の講師歴が浅いことは逆に言えば、一番最近まで司法書士試験を受験生として戦っていたということ。

司法書士試験の科目は毎年のように法改正がありますが、浅野講師は比較的新しい法改正の内容で司法書士試験をクリアしているため「今の司法書士試験」の受験生に一番近い目線で指導することができます。

そして、浅野講師は平成27年に記述式30位で合格していますので、多くの初学者の人が不安を覚える記述式の指導も得意分野

記述式って難しそう…

と不安を感じているのであれば、記述式で実績を残している浅野講師を選ぶのはアリです。

アガルートの記述式の講義については「記述式の講義が充実」でより詳しく説明しています。

 

また、講師としては珍しく実務だけでなく司法書士会活動等にも熱心です。

  • 群馬司法書士会 理事・広報部次長
  • リーガルサポート群馬支部 幹事

といった肩書もあり、司法書士業界の取り組みの最新動向など、他では聞けないような話も聴くことができます。

浅野講師自身、登記以外をやりたい人のために、登記以外の小ネタを講義に挟んで受験生のモチベーションを維持していきたいと言っています。

 

浅野講師と相性が合うかどうか気になってきた人は、以下の講師プロフィールやガイダンス動画を見てみると良いですよ。

アガルート:浅野勇貴講師紹介

 

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

アガルート司法書士講座の【メリット】

集中できる短時間講義、こだわりのテキスト、記述式に強み

アガルートのメリットについても見ていきます。

アガルート司法書士講座のメリットをまとめると以下のとおり。

アガルート司法書士講座の【メリット】

  • 講義量十分、製本テキスト付きなのに安い
  • 合格者全額返金+お祝い金制度がある
  • 短時間講義で学習を進めやすく集中しやすい
  • 要点がまとまり図表やフルカラーなど見やすさにもこだわったテキスト
  • 記述式の講義が充実している

それぞれのメリットについてもう少し詳しく解説していきます。

講義ボリューム十分なのにかなり安い

「アガルートの講座費用」でも前述したとおり、アガルートの司法書士講座は大手に近い講義量がありますが、費用は1/3程度になっています。

格安通信講座にありがちな「製本テキスト別売り」ということもなく、講座にもれなくテキストが付いてきます。

 

改めて他予備校との講義量、価格比較の表を挙げておきます。

アガルートと他の予備校等の費用
予備校価格(定価)講義時間
大手予備校LEC50万前後500時間前後
TAC/Wセミナー50万前後500時間前後
伊藤塾50万前後500時間前後
格安通信講座資格スクエア33万前後400時間前後

アガルート
入門総合カリキュラム

173,800円(税込)355~405時間
スタディング10万弱約175時間

実際には各予備校とも定価から独自の割引を行っていますが、それでも大手予備校に比べアガルートはどのタイミングでも安く受講することができます。

アガルートよりも安いスタディングについては、製本テキストは別売り(22,000円税込)となっているため、テキスト込みだとアガルートとの価格差は小さくなります。

アガルート(製本テキスト付き)173,800円(税込)
スタディング(製本テキスト付き)121,000円(税込)
スタディング(製本テキスト無し)99,000円(税込)

これらのことから、「製本テキスト付き」「大手予備校並みの講義量」という条件であればアガルートのコスパはNo.1と言えます。

アガルートであれば、テキストだけでなく過去問題集も7冊ついてきます。

テキストを横に開きながら勉強したい人はアガルート、

スマホのWebテキストだけで勉強したい人はスタディング、

という決め方も良いでしょう。

合格者全額返金+お祝い金

アガルートの初学者向け講座や中上級者向け講座である以下の4講座

  • 入門総合講義
  • 入門総合カリキュラム
  • 演習総合講義
  • 演習総合カリキュラム

を受講して次の司法書士試験に合格すると、講座に支払った費用全額の返金を受けることができます。

さらに、合格お祝い金として3万円ももらえます。

アガルート:司法書士試験 合格特典

アガルートの司法書士講座はまだ歴史が浅いため、合格者に全額返金してでも多くの人に受講してもらい、まずは合格者を増やしたいという考え方のようです。

実際に、合格特典を受けるためには

  • 成績通知書データの提出
  • 合格体験記の提出
  • 合格者インタビューの出演・成立

の3つが条件になっています。

 

十分な合格実績が集まれば全額返金をしなくても受講生が集まるようになるので、全額返金制度がいつまで続けられるのかは未知数のため、全額返金制度に興味があるのであれば、早めに利用するのが吉

 

全額返金を狙う上で一番の問題になるのは、

アガルートで1年勉強して司法書士試験に合格できるのか

です。

 

まずは法律未経験からの一発合格のケースを検証してみます。

LECの2015年口述模擬試験アンケート(≒司法書士試験合格者アンケート)のデータを元に計算すると、

合格者のうち「一発合格」だった人
(LECの2015年後述模擬試験アンケート結果)
(合格者の)3.1%
2015年司法書士試験の合格率3.9%
2015年受験者のうち、一発合格した人0.12%(=1,000人に1人)

つまり、どんな予備校を使っても一発合格は1,000人に1人。

アガルートに限らずどのような予備校で勉強しても一発合格は狭き門ということが分かります。

今までに全く法律の勉強をしたことが無い人が一発合格して全額返金を受けるのは正直なところ現実的ではありません。

そのため、全くの初心者が一発合格&全額返金目当てでアガルートを選ぶのはおすすめしないのです。

どうしても完全初心者から一発合格を目指すのであれば、毎日8時間以上の勉強は最低条件。なお、毎日8時間勉強できたとしても一発合格は確実とは言えません。

 

それではどういう人ならアガルートの全額返金が狙えるのか?

アガルートで1年勉強して合格→全額返金が現実的なのは、

  • 他予備校で1年以上勉強してきた人
  • 過去に司法書士試験の勉強をしていて再度挑戦したい人
  • 法学部出身の人
  • 行政書士試験の合格者

といった司法書士試験や法律学習の経験者。

そういった人であれば全額返金を目指してアガルートを選ぶのはアリ。

集中力を維持できる短時間講義

アガルートの司法書士講座は講義動画1つが30分前後と短いため、

  • ちょっとの隙間時間に勉強しやすい
  • 集中力を切らさずに1講義受講できる
  • 少しずつ進められるので挫折しにくい

といったメリットがあります。

 

大手予備校の講義はほとんどの場合、1講義が約3時間。

途中休憩を1回挟んでも1時間30分近くは講義が続きます。

すると、

  • 3時間(1時間30分)というまとまった時間を確保しないと講義を見づらい
  • 講義中に眠くなって内容が頭に入ってこない
  • なかなか時間が取れなくて、講義の間隔が空いてしまった

といった状態になりがち。

そのため、

  • 毎日3時間など、まとまった勉強時間の確保が難しい人
  • 疲れていて長時間の勉強は眠くなってしまう人

はアガルートのように1講義の時間が短い講座のほうが効率良く勉強できます。

 

でも、1講義の時間が短いと内容が少ないんじゃないの?短時間の講義で合格できるの?

という疑問がでてくるかもしれません。

 

アガルートの司法書士講座はテキストの読みやすさにこだわって作っているため、テキストに分かりやすい図表が載っています。

講義では板書はほとんどせず、テキストを一緒に読みながら詳しく解説するのがメイン

そのため、講義時間に無駄が少なく短時間でも内容が濃く合格に十分な知識を身につけることができます。

このように講義動画1つの時間が短くても知識量が少なくなるということはありません。

要点がコンパクト&フルカラーのテキスト

アガルートは司法書士講座に限らず、オリジナルテキストの作成にかなり力を入れているため、要点がコンパクト、かつ、分かりやすいテキストがウリの1つ。

オリジナルテキストは見やすさを重視し、フルカラーで図表を豊富に使ってまとめられています。

フルカラーテキスト

 

ポイントが目につくよう、色枠やアイコンを使うといった工夫もされています。

色枠やアイコンでポイントが分かりやすい

 

不動産登記法や商業登記法では、登記記録例や申請書が一緒に載っているため、択一式と記述式を関連させながら覚えることができるようになっています。

記録例を見ながら学べる

 

講義中はテキストにメモが取れるよう、余白も十分に用意されているので合格に必要な知識をオリジナルテキストに集約できるようになっているのもポイント。

そのため、講義後や直前期にはテキストを読み直すことで効率良く復習することができます。

記述式の講義が充実

アガルートの初学者向け講座「入門総合カリキュラム」は格安通信講座の中では記述式の講義が一番多く、担当する浅野講師は記述式を得意としています。

 

アガルートの「入門総合カリキュラム」に含まれる記述式の講義は合計で55時間。

他の予備校と記述式の講義時間を比較すると以下のとおり。

各予備校の記述式対策の講義時間
大手予備校平均70時間
アガルート55時間
スタディング25時間

大手と同じボリュームとはいきませんが、他の格安講座の2倍以上も記述式の講義があり、たっぷり記述式を学ぶことができます。

 

また他の予備校にはないアガルートの特徴として、「記述過去問解析講座」があります。

「記述過去問解析講座」とは

  • 記述式30位合格の浅野講師が、実際に問題を解く手順を再現
  • 手順を真似すれば記述式が解けるようになる
  • 「添付書類を忘れないおまじない」や「商業登記法のチェックリスト」などのノウハウも伝授
  • 直近10年分の記述式過去問を解くことができる

という講座ですので、手っ取り早く記述式の解き方やポイントを押さえることができます。

このように記述式の過去問を全部解いてみせてくれる講座は大手予備校にはありません。

記述式って難しそう…

と思っている初学者だけでなく、記述式に苦手意識を持っている学習経験者にもおすすめできます。

「記述過去問解析講座」は初学者向けの「入門総合カリキュラム」に含まれていますが、単科受講もできるため、中上級者の人が「記述過去問解析講座」だけを受講することもできますよ。

アガルート:記述過去問解析講座

 

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

(中上級者向け)も記述に強い

アガルートには他にも、元辰已法律研究所の小玉真義講師による中上級者向けの記述対策講座「記述解答力完成講座」もあります。

小玉講師も記述式の指導に定評のある先生ですので、記述式が苦手な人にはアガルートは有力な選択肢の1つです。

「記述解答力完成講座」は中上級者向けの「演習総合カリキュラム」に含まれるほか、単科での受講も可能です。

アガルート:記述解答力完成講座

 

アガルート【だけ】のおすすめポイント

フォロー制度がとにかく充実

アガルートには他の予備校にはない以下のようなオンリーワンの特徴もあります。

アガルート【だけ】のおすすめポイント
  • 質問対応やフォローアップなどサポートが圧倒的に手厚い
  • あなたの希望に応じる「個別指導」も用意されている

これらの特徴について解説していきます。

サポートの手厚さNo.1

アガルートのサポートは他の格安通信講座だけでなく、大手予備校にも負けないくらい手厚くなっています。

受けられるサポートには以下のようなものがあります。

  • Facebookを利用しての質問制度(回数無制限)
  • 他の受講生の質問と回答も共有できる
  • 講師による月1回の無料フォローアップ(電話で聞き取り・回答)

格安通信講座では質問制度をカットして講座を安くする場合がありますが、アガルートはFacebookを使った回数無制限の質問制度があります。

質問用紙を書いたり、メールで質問するのに比べて早く回答をもらえます。

しかも、アガルートでは「講師に対して質問できる」と明記されているので、より的確な回答が期待できます。

アガルート:フォロー制度について

他の予備校では、「スタッフ(合格者)や講師が質問に答えます」というケースがほとんど。講師だけで対応します!と宣言しているのはアガルート【だけ】です。

 

そして、Facebookグループで質問・回答が共有されるため、他の受講生の質問を見ることができ、あなたが勉強で見落としていた点に気づくこともできるでしょう。

 

また、月1回のフォローアップ(電話)では、あなたの学習進捗状況の相談や、講義の疑問点の質問などが可能。こちらも直接講師が行います。

大手に比べると小規模な通信講座で合格できるだろうか

という不安はつきものですが、大手ほど受講生が多くないからこそ一人ひとりの受講生のサポート体制が手厚いのがアガルートの特徴です。

勉強を続けていけるか、勉強が遅れていかないか、といった不安がある人はアガルートのサポート制度をフル活用しましょう。

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

あなただけの「個別指導」も選べる

アガルートには今までありそうでなかった「個別指導」があります。

 

講師との無料カウンセリングで、苦手分野や必要な勉強が何かを分析し、それを元に講師から学習プランを提案してもらえます。

 

個別指導の受講料は1時間16,500円(税込)

 

ちょっと割高と感じるかもしれませんが、「会社法の苦手なところだけ」など必要な部分だけを講師とマンツーマンで勉強できるので

基準点はクリアできたけど合格まであとちょっと足りなかった

という中上級者の人には最後の一押しになることも期待できます。

個別指導に使う市販の教材は自分で用意する必要アリ。アガルートの教材を買わされることはないので、自分の好きな教材で勉強可能です。

 

個別指導の担当は竹田篤史講師。

竹田講師は中上級者向けの択一式対策講座「演習総合講義」を担当しています。

実はこの竹田講師、行政書士試験合格後に社会保険労務士にも合格し、それから司法書士試験に合格したというちょっと変わった経歴があります。

Youtubeにも「社労士から司法書士へ」という動画を上げており、社会保険労務士試験合格後に司法書士試験も気になる人は動画を視聴して損はありません。

 

個別指導は無料カウンセリングを受けて学習プランを決定しますが、講師1人でプランを決定することはなく、講師と受講生の相談で決定します。

そのため、講師の提案する学習プランに納得できなければ個別指導に申し込まなくてOK。

 

個別指導ということもあり、募集人員は「先着5名」とかなり絞られています。

あなたがオーダーメイドの個別指導に興味があれば、アガルートのサイトから初回無料カウンセリングを申し込んでみましょう。

アガルート:個別指導

アガルート司法書士講座の合格率・合格者は?

アガルートの司法書士講座はまだ新しい講座であるため、講座の合格率は分かっていません。

大手予備校に比べると受講生がすくないため、仮に今までの受講生のデータから合格率を導き出したとしても予備校の良し悪しの参考にはならないでしょう。

 

アガルート司法書士講座での合格者については2019年11月時点ではゼロだったようです。(現在はどのくらいいるか不明)

合格者がゼロだったというのは残念ではありますが、受講を迷っている人にもその事を正直に話しているのはすごいですね。

ここまで正直に言っちゃうのは今後合格者を出していけるという自信があるのでしょう。

ちなみに司法書士試験全体では合格率は現在5%ほど。

合格までには3~4年かかる人が多く、1年で合格する人は計算上、受験生の0.12%ほど。

合格者からすると新規開講当時に合格者がいないのは「まぁそうですよね」という印象です。

 

合格者が現時点で少ないなんて不安…

と感じる人は素直に大手予備校を選ぶほうが良いでしょう。

逆に

私が合格して体験記載せてやるぜ!(全額返金もあるし)

と思える人にはアガルートはおすすめです。

アガルート司法書士講座の口コミ・評判

合格率と同じく、アガルートの司法書士講座は歴史が浅いためSNSでは講座内容に踏み込んだ口コミ・評判はまだあまりありません。

本当か嘘か分からない口コミ・評判は記事を読んでくれている人に伝えたくないので、発言が確認できている口コミ・評判だけを取り上げます。

 

テキストは結構ボリュームがありながらも表現は簡潔。

アガルートのテキストは、講義を聴きながら余白にどんどんメモしていくようにできているのでテキスト単体だと簡潔すぎて覚えられないかもと感じるようですね。

テキストとは別に浅野講師が色々な資料を用意してくれるので、総ボリュームとしては結構な量がありそうです。

若い学生の間では行政書士講座だけでなく、司法書士講座でもアガルートの人気が上がってきているようです。

 

こちらはアガルートが司法書士講座を開講する前の時期の松本雅典講師(辰已法律研究所)のツイート。

アガルートは事前にしっかりと司法書士試験の分析をして開講準備をしていたことが分かります。

辰已法律研究所から小玉講師を迎えるなど、アガルートの司法書士講座に対する本気度が感じ取れます。

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

格安司法書士講座のライバル「スタディング」と徹底比較

最小限&最安のスタディングVS内容コスパ両取りのアガルート

一言で言うならアガルートは安いのに内容を大手に近づけようとしているコスパの良い講座です。

アガルートの対抗馬として挙がるのは内容を絞り込んで最安価格を実現した「スタディング」でしょう。

 

そのため、ここではアガルートとスタディングの違いを表にまとめていきます。

択一式+記述式がフルで学べる初学者向け講座で比較しています。
 アガルートスタディング
講座入門総合カリキュラム司法書士総合コース
定価173,800円(税込)

99,000円(税込)

(テキスト購入時は121,000円)

学習スタイル

ビデオ講義

製本テキスト

ビデオ講義

Webテキスト

テキスト

製本テキストが付属。

Webテキストもある。

Webテキストが付属。

製本テキストは別売り22,000円(税込)

講義内容

択一式講義 300~350時間

記述式講義 約55時間

 

総講義時間 約355~405時間

択一式講義 約150時間

記述式講義 約25時間

 

総講義時間 約175時間

過去問

ツール等

  • 短答過去問集 7冊
  • 記述ひな形集 2冊

 

紙メインで勉強したい人向き

  • 要点暗記ツール
  • スマート問題集
  • セレクト問題集
  • 記述式雛形暗記ツール

 

スマホメインで勉強したい人向き

記述式の指導10年分の過去問で実際の手順を再現する講義あり。記述添削指導サービス6回(不動産登記法3回、商業登記法3回)あり。
1講義の時間30分前後30分前後
フォロー制度
  • Facebookで質問無制限
  • 月1回の進捗フォローアップ
質問対応なし
合格特典
  • 全額返金
  • お祝い金3万円
  • お祝い金1万円
講師

浅野勇貴講師

  • 平成27年合格
  • 記述式30位合格

山田巨樹講師

  • 元Wセミナー講師
  • 講師歴17年以上

1つの講座としての安さであれば「スタディング」が優位。

しかし、テキスト・講義・フォロー制度・合格特典については「アガルート」が優位です。

それぞれにスマホでの学習、テキストでの学習など「向いているタイプ」はありますが、司法書士試験合格に一番重要なのは「講師との相性」です。

あなたが理解しやすい、勉強のやる気が出る、一緒に頑張りたいと思える講師を選ぶのが司法書士試験合格の一番の近道になりますよ。

アガルートを無料体験

講座選びで失敗しないために、アガルートが気になった人は有料受講する前に必ず無料体験講義を受けましょう。

アガルートの無料体験講義は、サイトから申し込む方法だけでなくYoutubeにアップロードされている動画で視聴することも可能。

以下はYoutubeにアップロードされている民法初回の無料体験動画。

 

アガルートはサイトから申し込む場合には、実際に講義に使うサンプルテキスト(民法総則)がもらえますので、講義だけでなくテキストの実物を見てから申し込むかどうか決められます。

申込みが必要な無料体験の講義時間は

初学者向け約8.5時間
中上級者向け約5時間

となっているので、結構たっぷり講義が受けられます。

講義の進め方や講師の話し方、指導方針などがあなたに合うかどうかを判断するには十分でしょう。

 

アガルートの無料体験講義の申込みは以下のページにまとめられています。

アガルート:無料体験(資料請求)

各資格の無料体験講義が並んでいますので、下記の司法書士試験の申し込みボタンを押すと、無料体験講義+サンプルテキストがもらえます。

アガルート無料体験申し込み

 
アガルートの無料体験講義が視聴できるのは「申し込んだときから20日間」です。テキストが届いてから20日間ではないので要注意!

無料体験で相性が良さそうと思えたらアガルートで勉強すると良いでしょう。

逆に無料体験でしっくりこなければ他の予備校も体験してみることをおすすめします。

 

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

 

アガルート司法書士講座の特徴・評判・比較まとめ

アガルートの特徴から、アガルートをおすすめできる人は以下のとおり。

アガルート司法書士講座が【コスパ最高】な人

おすすめな人理由
安くても講義が多い、コスパの良い講座で勉強したい初学者司法書士通信講座の中ではかなり安いが講義量は大手に匹敵、コスパ(講義1時間あたりの費用)が一番良い。
まとまった勉強時間の確保が難しい人1講義30分前後と短いので、細切れの時間を使って勉強を進めやすい。
行政書士試験合格者司法書士予備校には珍しく、行政書士・社会保険労務士両方に合格してから司法書士試験に合格した経験者(竹田講師)がいる
社会保険労務士試験合格者
法学部出身者法律の知識がある人、試験経験者なら1年合格して全額返金も狙える可能性がある
以前司法書士試験の勉強をしていた人
記述式が苦手な中上級者中上級者向け講座も記述式に強く、合格時には全額返金もある

初学者向けの「入門総合カリキュラム」が定価173,800円(税込)

中上級者向けの「演習総合カリキュラム」が定価217,800円(税込)

どちらの講座もフルカラーの製本テキストが付属

また、格安ながら無制限の質問制度や月1回のフォローアップを講師が直接対応するなど、大手予備校に以上のフォロー制度の手厚さも。

合格時の全額返金がもらえればもちろんお得ですが、それを抜きにしても司法書士講座としてはかなり安い部類です。

 

講義時間・内容に妥協はしたくないけど安いほうが良い

大手に通いたいけど高すぎる…

そう考える人は、安いだけでなく大手予備校に近い講義時間もあるアガルートを無料体験して勉強を続けていけそうか判断してください。

 

司法書士試験は合格まで数年かかる場合がほとんど。

しかし、勉強を続けていきやすい環境・講師・テキストなどを揃えて勉強を続けていければ、私のような理系出身者でも合格できます。

あなたも自分に合う勉強方法で着実に知識を身につけ、司法書士試験合格を勝ち取ってください!

\記述式に強い良コスパ講座、合格者は全額返金!/
無料でアガルートのサンプル講義&テキストを体験!
※有料講座を申し込むまで費用はかかりません。

2021年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2021年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!