【ポイント解説!】行政書士から司法書士への独学【勉強時間は?】

行政書士から司法書士、独学できる?司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!資格ワン運営の司法書士「よしと」です。

行政書士に合格したけど司法書士は独学で合格できるかな?

司法書士を目指す前に行政書士を取ってからの方がいいかな?

そんな風に思っていませんか?

 

この記事では、

  • 行政書士と司法書士の試験の違い
  • 行政書士から独学で合格できるか
  • 向いているタイプ
  • 使うテキスト
  • 必要な勉強時間
  • 勉強スケジュール

などについて説明しています。

 

この記事を読むことで、行政書士合格後にどのように司法書士試験合格を目指すべきかあなたに合った勉強方法がわかります。

司法書士試験に4回目で合格した私の経験を元に解説していきます。

スポンサーリンク

行政書士から司法書士には独学でなれる?

行政書士に合格したけど司法書士に独学で合格できる?

そう聞かれたら「独学できなくはないが、予備校を使った方がベター」と答えます。

 

なぜなら、行政書士合格者であっても、司法書士試験に明らかに有利とまでは言えないからです。

軽い気持ちで「独学」するのであれば、途中で挫折してしまう可能性は高いです。

 

しかし、司法書士としての仕事がしたいという目標があれば勉強を続けられる可能性は高まります。

法律初学者から独学で司法書士に合格する人もいますから、行政書士に合格している人が独学で司法書士に合格できない理由はありません。

行政書士から司法書士を目指す有利点

行政書士試験と司法書士試験で重複する科目は以下のとおり。

行政書士試験司法書士試験
民法(11問)民法(20問)
憲法(6問)憲法(3問)
商法(≒会社法)(5問)会社法・商法(9問)

結構重複しているからその分、楽ができる!

と考えるのは正解でもあり、不正解でもあります。

実際には試験毎に問われる内容のレベルが違うため、どのくらい楽できるかは科目によってかなり違います。

科目内容の違い(行政書士から司法書士の場合)
民法
  • 出題数が倍近くあり、重要度がさらにアップ
  • 物権・担保物権の出題が多い
  • 問われる内容がもっと細かい
  • 条文暗記よりも判例学習や理解が必要
憲法
  • 出題数が少ない
  • 行政書士試験の方が難しいくらい
  • そのため、憲法に関しては楽できる
商法・会社法
  • 出題数が倍近くあり、超重要科目
  • 会社法ができないと、商業登記法もできないため合格は絶望的
  • 商法は行政書士試験レベルで十分
  • 会社法はより細かい
  • 行政書士試験の会社法が得意だった人ならちょっと有利

憲法・商法については行政書士の方が出題も多く、行政書士の方が難しいくらいです。

しかし、民法と会社法は違います。

問われる内容はかなり細かく、司法書士試験の民法は物権の出題が多く、担保物権だけでも5問出題されます。

民法の担保物権の知識が、不動産登記法での抵当権の登記などにつながっていくため、司法書士試験では担保物件の知識は非常に重要です。
  • 行政書士と司法書士の科目の重複は多少ある。
  • 民法、会社法はかなり細かいところまで問われるので、行政書士試験に合格していてもしっかり勉強し直す必要アリ。
  • 行政書士試験の憲法、商法の知識は、司法書士試験でも役立つ

スポンサーリンク

行政書士から司法書士への独学【向いている人】

行政書士から司法書士への独学が向いている人は、行政書士を短期間で独学合格した人、会社法が得意だった人です。

行政書士試験に独学合格した人は、同じ勉強方法で司法書士試験も独学が可能かもしれません。

ただし、

  • 行政書士試験で「商法」を捨てた
  • 「商法」の頻出部分だけ勉強してお茶を濁した人

は、司法書士試験の「会社法・商法」「商業登記法」でかなり苦戦することになりますので、独学で司法書士試験を目指すのは難しいでしょう。

使用するテキストはオートマ

行政書士試験で使ったものがあるからテキスト、問題集を使いまわそう

というのは基本的にNG。

 

傾向の違いがあるため、使い回しは「他の受験生は正解できているのに自分は間違えた」という危険あり。

 

司法書士試験は択一の足切り基準点が満点のおよそ8割という正確性を求められる試験なので、みんなが正解できる問題を間違えるのは致命的なミスとなります。

そのためにも、司法書士試験用のテキストと過去問を使うのは大前提。

ただし、前述のとおり「憲法」だけは使いまわしても大丈夫かと思います。

では、司法書士試験ではどのテキスト・問題集を使うのが良いのかです。

独学で勉強するなら断然「山本浩司のautoma system」(通称:オートマ)がおすすめです。

司法書士独学のド定番テキストです。

TAC出版の公式サイトで試し読み、割引購入ができます。

司法書士試験も行政書士試験と同じく過去問を解いておくことは重要。

「オートマ」と同じく山本浩司講師の「オートマ過去問」も近年発売されていますので過去問もそちらを使うのがおすすめ。

こちらもTAC出版のサイトで試し読み&割引購入可能。

勉強時間は3000時間

行政書士の勉強時間は500~800時間、司法書士の勉強時間は3,000時間と言われます。

単純な時間で言えば行政書士の3.75倍~6倍は勉強する必要があることになります。

勉強時間や勉強期間は大幅に長くなりますが、同じように勉強できるなら試験の基準点まではいけるようになるでしょう。

実際の行政書士から司法書士の合格者には行政書士の10倍勉強したという人もいるようです。

予備校などでは

  • 専業なら1日8時間勉強
  • 社会人なら1日3時間勉強

で短期合格を目指す!と言われますが、これを継続するのはかなり大変。

というかごく一部の努力する才能がある人にしかできないと思います。

司法書士に合格するには

勉強に専念できるなら…1日平均6時間勉強すれば、1年2ヶ月ほど
働きながら勉強するなら…1週間に20時間勉強すれば、4年ほど

くらいが現実的です。

もちろん行政書士試験で学んだことを活かせば民法・会社法の一部と憲法・商法は短縮可能です。

合格に必要な勉強時間のより詳しい解説はコチラ

 

18ヶ月を基準にスケジュールを立てる

独学しようと思ったら勉強スケジュールが大切です。

1日あたり2~3時間のペースで勉強するなら、予備校の1年半(18ヶ月)のコースと同じくらいのペースで勉強を進めるのがおすすめ。

具体的には

主要4科目

択一70問中53問

記述式

民法4ヶ月
不動産登記法2ヶ月半
会社法・商法・商業登記法3ヶ月半

マイナー科目

択一70問中17問

民事訴訟法1ヶ月半
民事執行法・民事保全法1~2週間
供託法2~3週間
司法書士法1週間未満
憲法2週間
刑法2~3週間
 総復習3ヶ月

という感じ。

18ヶ月よりも長い、短いといった場合のスケジュールの調整法などについては以下の記事で詳しく解説しています。

独学スケジュールの立て方・調整法はコチラ

スケジュール通りに勉強が思うように進んでいなかった場合でも、翌年以降の司法書士合格を目指すのであればお試し受験はしておきましょう。

行政書士から司法書士なら予備校利用が安定

行政書士も独占業務がある立派な資格です。

稼ぐだけであれば行政書士だけでも十分に稼ぐことができます。

ついでに受かったらいいなー

という気持ちで司法書士の独学を始めるのであれば合格は難しいです。

そのぐらいの気持ちであるなら行政書士として稼ぐために時間を使った方が良いでしょう。

どうしても司法書士の仕事がしたいのであれば独学で勉強するのも手ですが、私は予備校をおすすめします。

 

なぜなら、予備校を使うと

  • 勉強時間を短縮
  • 1年単位で合格が早まる
  • 挫折しにくい
  • 何年も勉強するより結果的に安上がり

といったメリットがあるからです。

 

あなたには行政書士試験に合格しただけの実力があるのですから、予備校を使って本気で取り組めば司法書士試験合格できる確率は高いでしょう。

独学のテキスト代+2万円程度で、Webテキスト+講義がつくスタディングもありますので、時間効率・費用効率を考えるなら独学よりも格安の予備校を使った方が良いです。
 
 
行政書士試験で身につけた勉強習慣を活かして一発合格を目指すなら、合格者全額返金制度があるアガルートを利用するのも手です。
合格&全額返金すれば独学するよりも費用がかからず、合格お祝い金ももらえます。
 
 
関連記事:【11社比較+口コミ】司法書士の予備校・通信講座 合格者おすすめランキング

行政書士に合格してから司法書士を目指した方が良い?

よく行政書士と司法書士の勉強を並行して受験する人がいます。

科目の重複もあるため、特に予備校はダブルライセンスをおすすめしますが(2種類の講座を売れますからね)司法書士の仕事をしたいのであれば司法書士だけを勉強した方が効率が良いです。

 

実際に司法書士と行政書士の両方を仕事にする人も多く、ワンストップでできる業務範囲が広がるメリットもあります。

しかし、アウトソーシングしてしまった方が片方の業務に集中できて効率化するというメリットもあります。

試験合格、登録だけして資格を使わないのが最悪のパターンです。

個人的には司法書士と行政書士が別々で、提携して仕事をした方が人脈の広がりもあるので良いと思いますが、正解は無いので自分のやりたい仕事のために必要かどうかで判断すると良いでしょう。
行政書士と司法書士の兼業を考えている場合でも、まず司法書士試験に合格し、それから行政書士試験の勉強をした方が良いでしょう。
 
もちろん、行政書士試験に専念して合格してから司法書士試験の勉強をするのもOK。
 

同時進行で勉強してどっちも合格できなかった…

という事態だけは絶対に避けましょう!

行政書士から司法書士への独学まとめ

行政書士から司法書士への独学合格は人によっては可能です。

しかし、司法書士試験独特の細かさなどがあるため、重複している科目もしっかり勉強し直す必要があります。

世間で言われる勉強時間や合格者の意見からすると、行政書士の勉強の約4倍から10倍くらいの勉強が必要だと言われています。

独学する場合にはしっかりとスケジュールを立てて、先の見通しをつけておいた方が良いです。

 

どうしても司法書士になりたい理由がある、できるだけ短期間で合格したいというのであれば予備校の利用をおすすめします。

行政書士試験に合格する実力があるのですから、予備校で司法書士試験対策をしっかりすれば合格できる確率は法律初学者よりずっと高いはずです。

関連記事:「【11社比較+口コミ】司法書士の予備校・通信講座 合格者おすすめランキング」

関連記事:「失敗しない安心の司法書士予備校おすすめ5選【初学者向け】」



スポンサーリンク
司法書士の予備校11社の比較表・口コミまとめ

予備校11社を7項目で比較して表にまとめ。

・予備校の選び方
・講座の内容や講師の特徴
・予備校ごとの口コミ
・タイプ別のおすすめ
についても解説!

司法書士試験
資格ワン