司法書士試験受験者数の推移と減少の5つ理由【意外と問題ない?】

司法書士受験者数の減少理由は?司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

司法書士試験の受験者数が減少しているのはなぜなんだろう?

そんな疑問はありませんか?

この記事では、近年の司法書士試験の受験者数の減少の理由について考察しています。

理由が分かれば今後がどうなっていくかの見通しが立ちやすいかもしれません。

スポンサーリンク

近年の司法書士受験者数の推移(減少大)

近年は司法書士試験の受験者数は大幅な減少を続けています。

 受験者数
平成26年度(2014年度)20,130人
平成27年度(2015年度)17,920人
平成28年度(2016年度)16,725人
平成29年度(2017年度)15,440人
平成30年度(2018年度)14,387人
平成31年度(2019年度)13,683人
令和2年度(2020年度)11,494人

司法書士試験の受験者数の推移

 

平成26年には20,000人以上いた受験者数が11,494人になり、およそ43%もの減少です。

2020年度司法書士試験から筆記試験の会場が全国15会場に縮小され、新型コロナウイルス

どうしてここまで司法書士試験の受験者数は減ってしまったのか、その理由を考察してみました。

スポンサーリンク

司法書士試験受験者数の減少の5つの理由

司法書士の受験者数が減少した理由として考えられるのは以下の3つです。

  • 少子化のため
  • 資格全体にネガティブなイメージが広がった
  • 実は元の水準に戻っているだけ

それぞれの理由についてもう少し詳しく説明していきますね。

理由1:少子化

少子高齢化が進んでいるとずっと言われ続けています。

平成2年(1990年)と平成27年(2015年)の人口ピラミッドを重ねて比較したものが以下のものです。

人口ピラミッドの比較

統計メモ帳:日本の男女別5歳年齢階級別人口 人口ピラミッド

薄いピンク色で重ねられているグラフが2015年の人口ピラミッドになります。

  • 60代以上の人口の増加
  • 20代以下の人口の減少

が顕著に見られます。

特に20代の人口が30%近く減少しています。

この数値は司法書士試験の受験者数の減少割合にも比較的近いです。

20代の人口減少が司法書士試験の新規参入者を減らしている理由の1つと考えることができるでしょう。

理由2:資格全体へネガティブなイメージ

少子化の影響はあるとしても、30代以上の人口はまだそこまで減少していません。

30代以上の方が司法書士試験を新たに受けなくなっているのは、資格全体に以下のようなネガティブなイメージが広がっているのが理由である可能性があります。

  • 資格を取ってもそれだけではやっていけない
  • AIが発達すると仕事が無くなる
  • 一部の食えない士業を全体であるかのような報道

昔の資格ブームのころに比べ、このような士業のマイナスイメージを広げるようなメディアが増えました。

士業の実情としては、

  • 資格を取るだけではダメなのは当たり前
  • まだAIだけで仕事が無くなる段階ではない
  • 一部が食えないのは以前からで変化なし

なのですが、普通の人は実情を知りようがないですから、このようなイメージで資格を取ろうと思わなくなっている可能性があります。

理由3:元の水準に戻っているだけ

ここ10年くらい司法書士試験の受験者数は減少が続いていますが、実はその前の受験者数は増加を続けていました。

司法書士試験の出願者数の推移

このグラフは受験者ではなく「出願者数」ですが、平成元年ごろから平成7年くらいまでは出願者数は18,000人前後をキープしています。

その後平成22年ごろまで上昇傾向が続き出願者数は倍近い33,000人を超えました。

平成31年度試験の出願者数が16,811人ですから、平成が始まったころの水準まで戻ってきた状態です。

近年の受験者数減少は、資格全体のブームが終わったことや、平成14年の司法書士法改正以降からの「過払いバブル」などの影響で急激に増加していた受験者数が元に戻ったと考えることもできるでしょう。

理由4:試験会場の減少

2020年は従来よりも更に急激に受験者数が減少しました。

これは2020年から試験会場が大幅に減少したことが理由の1つです。

 

2019年までは全ての都道府県に1つ以上の試験会場がありましたが、2020年からは全国15都道府県に試験会場は減ってしまいました。

このため、仕事などの都合により遠方の会場で受験できない人が出てきてしまったと考えられます。

関連記事:「【要注意】2020年から司法書士試験の受験会場が全国15会場に」

 理由5:新型コロナウイルスの流行

2020年の受験者数の減少が大きかったのは、新型コロナウイルスの流行の影響が大きかったと考えられます。

 

新型コロナウイルスのために試験日も延期になったため、新しい日程では受験できなかった人や、感染の危険性を考えて受験をしなかった人が出てしまいました。

 

司法書士受験者数の今後

現在まで司法書士試験の受験者数は減少を続けており、2021年もどうなるかまだ分からない状況です。

2020年1年間の感染拡大状況からすると、2021年の司法書士試験は延期せずに7月に行うと考えられます。

ワクチンの供給や感染対策方法の定着により、昨年受験しなかった人たちも2021年は受験できるでしょう。

 

しかし、全体としては理由の1で挙げた少子化の影響などにより、もう少し減少は続く可能性が高いです。

さらに減少が続くようであれば今後の司法書士業界にも影響がでてくるかも。

 

司法書士試験受験者数の推移と減少理由の考察まとめ

司法書士試験の受験者数は減少を続け、6年前に比べておよそ43%減少しています。

受験者数の減少理由として

  • 少子化のため
  • 資格全体にネガティブなイメージが広がった
  • 実は元の水準に戻っているだけ
  • 試験会場の減少
  • 新型コロナウイルスの流行

といったものが考えられます。

現段階では将来を悲観するような状態ではないと思いますが、このままのペースで減少を続けるのであれば司法書士業界にも変化があるかもしれません。

関連記事:【9社比較表】司法書士予備校・通信講座おすすめランキング【合格コスパ重視】

関連記事:「【未経験者】司法書士の転職エージェントで就職成功させるポイント」

 

司法書士の予備校9社の比較表まとめ

予備校9社を7項目で比較して表にまとめました。

・予備校の選び方
・あなたの状況に合わせたおすすめ
・予備校や講師の特徴
についても解説!

スポンサーリンク
司法書士試験
資格ワン
2021年7月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2021年7月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!