2020年度司法書士試験の日程まとめ

2020年度司法書士試験の日程司法書士試験
よしと
よしと

おつかれさまです!司法書士の「よしと」です。

2020年の司法書士試験の日程はどうなっているんだろう?

次は何をしなくちゃいけないの!?

そんな風に思っていませんか?

 

この記事では、司法書士の試験日はもちろん、試験を受ける前と受けた後の日程についてまとめています。

 

2020年度の司法書士試験の日程情報を確認してしっかり準備をしていきましょう。

直前期の勉強方法や試験当日の持ち物、前日の過ごし方などにも触れています。

 

4回目で司法書士試験に合格するまでは毎年自分で日程を調べていた私が試験に役立つ情報をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

2020年度司法書士試験の日程まとめ

2020年度の司法書士試験に関連する出来事の日程は以下のとおりです。

まだ正式に確定していないものについては過去のデータを元に2020年度を推測した日付で記述している箇所があります。

(2020年度の正式な日程は随時更新していきます。)

願書の配布開始~8月4日(火)
申請受付期間7月8日(水)~8月4日(火)
イマココ!→ 
筆記試験9月27日(日)
択一基準点発表10月半ばごろ?
筆記試験 合格発表12月末~1月上旬ごろ?
口述試験2021年1月を予定
最終合格発表2021年2月ごろ?
合格証書授与式2021年2月ごろ?
 
官報への公告2021年2月ごろ?

スポンサーリンク

 

2020年は新型コロナウイルスの流行を受け、全体的に日程が延期されています。

そのため、願書に記載されている筆記試験やその後の流れは延期

正確なスケジュールは今後発表されていく部分が多くあります。

 

当サイト(資格ワン)でも随時情報を更新していきますが、受験生のみなさまは法務省の最新の発表にご注意ください。

司法書士試験の約1ヶ月前に実施された令和2年度簡裁訴訟代理等能力認定考査の結果発表は12月1日午後4時の予定となっています。

法務省:令和2年度簡裁訴訟大離島能力認定考査の結果の発表日について

そのことから司法書士試験の筆記試験の合格発表は12月末~1月上旬になる可能性が高いと思われます。
関連記事:「司法書士試験の中止・延期の動向・予測【2020新型コロナ】」

司法書士試験直前期の勉強

試験が迫ってきた直前期には次のような勉強をするのが効果的。

  • テキストや過去問を繰り返す
  • 苦手科目や苦手部分を覚え直す
  • 模試を受けて試験慣れする、弱点を確認する
  • 予想問題を解いて点数を底上げする

これらの対策をバランス良く行って弱点を作らないのがポイントです。

 

過去問の使い方については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:「【過去問マスター】司法書士試験の過去問の使い方・おすすめ比較」

 

苦手科目・苦手分野は直前期対策講座や、まとめノートを作って補いましょう。

関連記事:「延期対応の直前期対策講座情報まとめ【2020年】」

関連記事:「【民法総整理】最重要科目の民法を極める勉強法【司法書士試験】」

関連記事:「【過去問マスター者向け】姫野講師の未出問特化問題集が公開販売」

関連記事:「司法書士試験に合格するノートの作り方【勉強時間短縮】」

 

試験日が延期されたことを受けて、新たに模試も開催されていますのでうまく活用してください。

関連記事:「【2020年】司法書士試験延期対応の模試情報まとめ」

 

短期間で得点アップするヤマを張りたい人は、自分でヤマを張るよりも予想問題を解いておくのがおすすめです。

関連記事:「司法書士試験の予想問題4種類の効果・おすすめ度まとめ」

関連記事:「【過去問マスター者向け】姫野講師の未出問特化問題集が公開販売」

司法書士試験は日頃の勉強がものを言います。

直前に無理に勉強をして試験当日のパフォーマンスを落とさないよう気をつけてください。

関連記事:「司法書士試験の前日にするべき3つのこと」

関連記事:「司法書士試験の持ち物は事前に準備!当日はゆっくり向かおう」

2021年度の司法書士試験の日程は平常に戻りそう

2020年度の司法書士試験の日程は新型コロナウイルスの影響で約3ヶ月遅れとなりました。

しかし、2021年度の司法書士試験の日程はいつも通りに戻る可能性が高いです。

 

なぜなら、2021年(令和3年)の司法試験の実施日程はいつもの5月になることが発表されているからです。

法務省:令和3年司法試験の実施日程等について

 

2020年の司法書士試験の日程は全て司法試験と同じように延期されました。

そのため、2021年の司法書士試験の日程も司法試験にならい、いつも通りの7月第一日曜日(=7月4日)に筆記試験が実施されるでしょう。

 

2020年度の筆記試験が終わってから2021年度の筆記試験までおよそ9ヶ月しかありません。

テキスト・過去問を繰り返し勉強する、答練や模試を解く、記述式の対策などやることは多いですが、しっかりと来年の試験日程に合わせて仕上げていきましょう。

関連記事:「【決定版】司法書士予備校比較のポイント!間違えない選び方ランキング」
2020年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!
2020年9月最新!司法書士予備校 割引まとめ
詳細をチェック!